【話題沸騰】どうぶつタワーバトルで勝つ方法を物理学で真剣に考える

ブレーメンへ行こう♪ブレーメン♪ブレーメン♪こんにちは。ナイスガイの須貝です。

時事問題に詳しい皆さんならもうご存知とは思いますが、筆者もハマっております。どうぶつタワーバトル

どうぶつをバランス良く積むだけの簡単なルールの下、勝敗に応じて上下する対戦レートが設定されていて熱くなることもできたり、思いもよらない引っかかりで危機を逃れて大笑いしたりと、2017年を代表するゲームです。流行るのが1ヶ月早かったらユーキャンの新語流行語大賞に選ばれていたことでしょう。12月始まってすぐのアプリランキングで1位だったそうです。やべ、知らない! という人はこっそり始めて明日から何気なく友達に話しかければ間に合います。

筆者が実際に1ゲームプレイしてみた動画がコチラ↓

通算500戦くらいやってます。

さて、このゲーム。ポイントはバランス良く積むことなのですが、バランス良くとはなんなのか。何をすればバランスがいいことになるのか。

キーワードは力のモーメントまたはトルクと呼ばれる量です。

トルク

テコの原理・てんびんのつり合い

トルクとは、物を回転させる力の働きです。物理では物を縦横高さ方向に場所を動かすときに加える力を単に「力(Force)」、物を回転させて向きを変えるために加える力を「トルク(Torque)」と呼びます。

思い出してほしいのは小学校でのてんびんの実験です。重さが同じおもりでもてんびんのうでのどこに引っ掛けるかで右に傾いたり左に傾いたりしましたね。同じ重力(力)なのに、回転させる働き(トルク)が違ったわけです。

どうぶつタワーバトルの合言葉は「トルクをゼロにせよ!」です。

トルクというのは、「支点からの距離(回したい方向とは垂直に測る)×力」で計算されます。距離が長いほうが回す力が大きくて、力が大きい方が回す力が大きいのですね。てんびんの腕の端におもりを吊るせば反対側で中央付近に重たいおもりを吊るしたものとつり合ったことを思い出してください。

さてこの力、どうぶつタワーバトルでは重力しか働いていません。そして重力というのは、「重心に全ての重さが集まったと考え、それが真下に引っ張られる力」のことです。重力は重心にのみかかっているとみなしても良いのです!だから、どうぶつに働くトルクは

どうぶつの重さ(重力)×支点とどうぶつの重心の間の距離

になります。これをゼロにせよと言っているわけです。

攻略法が見えてきましたよ。 つまり、重心を見抜いて、地面や他の動物と接している点の真上に重心を持ってくれば(重心と支点の距離をゼロにすれば)倒れないというわけです。……なんか当たり前。

ちなみに今回の動物たちの中ではトナカイさんが回転させる前(通称「0トナカイ」)の状態で、重心と支点の距離がゼロになっています。トナカイの重心は前足の真上にあるので、前足の一本だけで立つことが出来るということです。(上の動画の0分28秒と1分44秒。)

シロクマの必殺技とインターネットで名高い、「ラムセウム・テンティリス」(シロクマの上に逆さにしたシロクマを重ねて置く技)も、シロクマの重心が体の真ん中、頭の真下にあるからこそ成立する技であることがわかります。

3点あれば絶対に立つ

さて、もう一つ大事なことは、「支える点が3つあり、その3点の間に重心があれば、かならずトルクをゼロにできる」ということです。実はこちらのほうが実践的。

思い出すのはカメラの三脚。ブレずに写真を撮るためにはカメラが安定して立っていることが大事ですが、3点で支える三脚は上に書いた法則を使っているので、倒れることなく立っているのです。

体育が苦手な皆さんにも三点倒立のテクニックとしてこれを活用して欲しいですね。頭と2本の手の3点で支えるとき、自分の重心(だいたい腰あたり)を頭と手で出来た三角形の中に入れるようにすれば、三点倒立はクリアです。筆者は小学生の時にこれを理解して永遠に三点倒立していられるようになりました。

2次元だから2点で十分

どうぶつタワーバトルでもこれを応用!どうぶつタワーバトルは現実世界とは違って2次元ですから、支える点は2点で十分です。

つまり気をつけるのは「支点となる2点の間に重心を置け」ということです。これを理解していれば、2回「回転」ボタンを押して90°回したトラ(通称「2トラ」6カバ」が立つことも簡単にわかります。

赤マル内が「2トラ」。つまり90°右回転させたトラ。

またどうぶつタワーバトル界には「守りの2キリン」という格言がありますが、それも「脚と長い首の先の頭の2点で支えれば、重心は必ずその2点の間にくることになり、安定して置ける」ことから生まれた言葉だということも納得できます。

まとめ

みなさんも「2点の間に重心」「1点ならその真上に重心」を心がけてどうぶつタワーバトルで高レートを目指してくださいね。(ちなみに筆者は崖つかみの練習をしまくっているため今のレートは1300です……。)

【科学的検証】Z戦士じゃないけど舞空術で戦いたい!【空を飛ぶ】

2017.11.16
東大博士課程1年。女性声優の研究をしていて、趣味は超伝導について調べること。少年マンガはジャンプ派。