【範馬刃牙】「ゴキブリの初速が自然界最強」ってマジ……ッッッ!?

コジマです。

『刃牙』シリーズの主人公・範馬刃牙(はんまばき)は、自然に敬意を払いながら強さを求める格闘家である。

その敬意はゴキブリに対しても向く。彼はゴキブリの動きから、瞬時に時速270キロに達する走行技術「ゴキブリダッシュ」を生み出した。彼曰く「ゴキブリは唯一無二の、最高速度でスタートできる稀有な存在」「人間のサイズに直すと新幹線並みの速さ」であるという。

たしかに、時速0kmから一気にトップスピードに至る、というのは人間には到底出来ない所業。刃牙がゴキブリを師匠と呼ぶのも頷ける。

いや、頷けるか?というかこの話、マジ?

ゴキブリの真似を人間ができるのかはひとまず横に置いておき、ゴキブリ師匠が本当に自然界最強の”初速”を持つのか調べてみる。

裏街道新幹線ごきぶり

ゴキブリの脚の速さは誰もが知る通りだと思う。調べてみると、体長が約40mmのワモンゴキブリは、1秒間で体長の約50倍の距離を走れるという。100m走9秒58の世界記録保持者ウサイン・ボルトは身長196cmだから、1秒で走れる距離は身長の5.3倍。単純な計算だが、やはりゴキブリはめちゃくちゃ速い。

さて、人間サイズのゴキブリの速さはどのくらいなのか計算してみる。ワモンゴキブリの体長が160cmになった場合、体長の50倍とは80m。秒速80mは時速288kmなので、確かに新幹線の最高速度並となる(東海道新幹線のN700系は営業最高速度285km/h)。

このゴキブリの速さの秘密を、刃牙は「中身が筋肉でなく、液体であること」であると分析し、肉体を液体にするイメージでゴキブリダッシュを実現した。正直何を言っているのかよく分からないが、実際のところゴキブリはどうしてこんなに速く走れるのか。

その理由はゴキブリの脚の構造にあるという。6本ある脚のうち、常に3本の脚が地面につくように走るため、身体が非常に安定するのだ。一方で羽は退化していて飛行能力は低く、まさに地上を移動することに特化した進化を辿ってきたといえる。

さらに、その反応速度も逃げ足の速さを助長している。ゴキブリの神経回路は効率的に張り巡らされており、外敵を察知してから即座に行動に移すことができるという。「逃げなきゃ!」と思った瞬間に動き出し、1秒後には自分の身体50個分の距離を移動している……、どうりで捕まえられない訳である。

上には上がいる

一方で、上には上がいそうなものだ。単純な速度で言えば、ゴキブリ師匠は「最強」とは言えない。

トンボは10cmに満たない身体で時速5~60kmで飛ぶというし、ハヤブサは時速350kmという猛スピードで敵を襲う。

トップスピードではこれらに負けるが、ゴキブリの売りはやはり「地上で」「いきなり最高速度で」走り出せるところだ。「初速が”地上”最高」という部分はウソにはならないであろう。

ゴキブリの初速の速さは、脚の構造と神経回路の発達によるものだった。

脚とか普通に筋肉じゃん。そんなことはお構いなしとばかりに独自の研究を行い、液体の発想でゴキブリのスピードを自分のモノにした刃牙はスゴい。板垣先生もスゴい。

参考文献

京都大学大学院情報学研究科1回/Twitter→@KojimaQK