『仮面ライダービルド』に出てくる数式を解いて、天才物理学者と勝負

こんにちは、山森です。

みなさんの、将来の夢は何ですか?

私は高校入試の面接でこれを問われたとき、笑顔でこう答えました。

「仮面ライダーです」

現在放送中の仮面ライダー作品は『仮面ライダービルド』で、主人公の桐生戦兎(きりゅう・せんと)は天才物理学者。物理学を学ぶ者としては見ない理由がないですよね!

あらすじは動画を見ればわかる……かもしれない!

既に放送は20回を超えており、ストーリーもかなり深くなってきています。第9話での主人公・戦兎の「科学を軍事利用するのは周囲の思惑だ。科学者の責任じゃない」という台詞はとても印象的でした。

そんな、科学に接している人の心も揺さぶる『仮面ライダービルド』、天才物理学者が変身するだけあって、随所に数式が登場します。

その中でも今回は、「話数を表す数式」に注目! 毎回、序盤に表示される「第1話」の「1」に相当する部分が数式で書かれているのです!

というわけで、数式を見て、これが何話を表しているのかクイズにしました! 毎週見ている人は、記憶をたどるもよし、数学の知識に自信のある人は知識で解くもよし!

2択で全5問なので、ぜひ半分目指して挑戦してください♪

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

『仮面ライダービルド』に出てくる数式を解いて、天才物理学者と勝負 %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する



いかがでしたか?

他にも、戦兎がビルドの研究に使っている部屋にある黒板に書かれている式も、毎回変えられていて、話にリンクしていることもあり、知るととてもおもしろいものばかりです。

この数式などを選んでいるのが、物理学アドバイザーの白石直人さん

Twitterで数式の解説をしている他、HPでも解説をしていますので、もっと知りたい方はぜひ読んでみてください。

『日経サイエンス』の2018年2月号でも、特集が組まれており、番組に登場する数式の詳しい解説がされています。

サムネイル画像 Via 仮面ライダービルド

東京理科大学の山森です。天文研究部でプラネタリウムをやっていました。三鷹の国立天文台で展示解説をしていたり、科学館で解説をしていたりもします。話すこと、伝えることが好きです。当たり前を”楽しい”や”おもしろい”に変えられるような何かを発信していければと思います。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東京理科大学の山森です。天文研究部でプラネタリウムをやっていました。三鷹の国立天文台で展示解説をしていたり、科学館で解説をしていたりもします。話すこと、伝えることが好きです。当たり前を"楽しい"や"おもしろい"に変えられるような何かを発信していければと思います。