世界中が注目する話題のお金「ビットコイン」って何?

こんにちは。コジマです。

少し前に世間を騒がせた仮想通貨「ビットコイン」を覚えているだろうか。
タイトルを読んで「そういえば……」という方も、あるいは「何それ初耳」という方もおられるかと思う。

初耳の方向けに簡単に説明すると、ビットコインは、
実際の通貨のように使える、データ上にのみ存在する通貨。
・通貨として実際に使えるような画期的な仕組みをもち、次世代の通貨となる可能性を秘めている。

まずはクイズで基礎知識をチェック。

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

世界中が注目する話題のお金「ビットコイン」って何? %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する



ビットコインは、2008年にサトシ・ナカモトが発表した論文で明らかになったアイデアだ。
サトシ・ナカモトは、日本人風の名前をしているものの真の国籍は不明。そもそも個人なのか集団なのかさえ判明しておらず、謎に包まれている。

2009年1月にサトシ・ナカモトの理論を実現したソフトウェアが開発され、初めての取引が行われた。初めて実際の商品(ピザ)の購入に使われたのは2010年の5月。

それから7年が経ち、ビットコインの交換所は充実してきている。
しかしながら、EdyやSuicaなどの電子マネーに比べビットコインは使える場面が少なく、まだまだ普及しているとは言いがたい。
まずはビットコインの使い方を確認してから、ビットコインがなぜ通貨として使えるのか、その仕組みを見てもらいたい。

目次

ビットコインの使い方

まず、ビットコインを管理する「ウォレット」というアプリやソフトを手に入れる。自分のスマートフォンやパソコンに合ったものをダウンロードするだけだ。

bitcoin1
画像左=bitFlyerウォレットの購入画面
画像右=2017年3月1日時点で確認できる「1週間単位のビットコインの日本円購入価格の推移」

入れ物が手に入ったら、次はビットコインそのものを手に入れる。知り合いがビットコインを持っていれば直接もらうこともできるし、インターネットで取引所を探し、円などの他の通貨で買うこともできる。

ちなみに、bitFlyer(代表的なビットコインの取引所)で見た現在(2017年3月3日)のレートは、1BTC(ビットコインの単位)=15万円程である。めちゃくちゃ高いが、最小で0.00000001BTC(1Satoshiと呼ばれる)単位で受け渡しできるので大丈夫。

bitcoin2
画像左=bitFlyer支払い画面
画像右=bitFlyerの支払金額入力画面

ビットコインにはアドレスが設定されていて、支払うときにはウォレットに相手のビットコインアドレスと金額を入力すればOK。クレジットカードのような暗証番号などは必要なく、簡単に取引ができる。

ビットコインの取引にかかる手数料は銀行振込などと比べてもごく少額。しかもビットコインには国境がないので国際決済も簡単だ。

ビットコインの魅力

  • 決済が簡単
  • 手数料がほとんどゼロ
  • 国境関係ナシ

なんか信用できないんだけど……?

簡単なのはいいが、それでは「そんなんで本当にお金として使えるの?信用できない!」となってしまう。

通貨が通貨として使えるには信用が要る

例えば1万円札なら、日本政府が「1万円の価値があるよ!」とお墨付きを与えて発行しているし、透かしが入っているかどうかで「本物の」お金であることが分かる。
Edyなどの電子マネーなら、安全な暗号化のもとで、管理会社が取引の記録をすべて管理することで信用を与えている。

実はビットコインの場合、今までの通貨や電子マネーとは全く違う革新的な方法で信用性を高めているのだ。

信用のモトその1:ユーザーのネットワーク

まず、ビットコインには中央で通貨を管理する機構のようなものが存在しない
ビットコインのユーザーは全員、他のいくつかのユーザーと直接つながっている。ユーザーの間でネットワークが構築されているのだ。
そして、各ユーザーは今までの取引記録すべてが記録された台帳を共有している

s_cs_p2p

左:従来の電子マネーのユーザーと管理者の関係 右:ビットコインのユーザー間の関係

ビットコインで取引をしたとき、ウォレットは「□□から△△へ○○BTC支払いました」という取引内容を、つながったユーザー(のウォレット)に送信する。
それを受け取ったユーザーは、その内容を他のつながっているユーザーに転送する。
これを繰り返していくと、ネットワークを構成するユーザー全員が同じ取引内容を共有することになる。

これだけでは、誰かが不正な取引を行ったとしてもそのことが共有されるだけだ。
誰かが内容を確かめ、不正な取引は弾かなければいけない。でも管理者はいない。どうすればいいんだ!?

信用のモトその2:マイニング

そのために「マイニング」という仕組みがある。
台帳は、約10分間ごとに取引内容をまとめた「ブロック」が連なって(これが「ブロックチェーン」)できている。
ビットコインの世界では、ユーザーのうちの誰かがブロックに取引内容をまとめ、今のブロックチェーンにつなげていくことで台帳をつくる。
この台帳がないと、取引の不正を見逃すことになるのだ。よって、「マイニング」は「信用創造のための裏付け作業」と言える。

ブロックチェーンの図。この図ではブロック356633が最新となる

ブロックチェーンの図。この図ではブロック356633が最新のブロックとなる

ユーザーであれば誰でもブロックを作ることができるが、ブロックチェーンにつながるブロックは1つだけ。それでは誰が作ったブロックがつながるのか?

その答えは「難しい問題」を解いた人のブロック。

※「難しい問題」というのは「コンピューターを駆使しても解くのに時間がかかる」ということ。この「難しい問題」を説明するのもまた難しいのだが、ざっくり言うと「前後のブロックのデータと値(nonce)を合わせて変換したとき、条件に合った値になるようなnonceを求める問題」……より正確に知りたい方はこちらを参照のこと。

この問題は、超高性能のコンピューターをフル活用すると10分くらいで解ける難易度に調整されている。
取引のデータを集めてブロックにし、問題を解くことができれば、そのブロックがビットコインネットワークの「正しいブロック」と認められ、ネットワーク全体で共有される。

そして、そのブロックを作ったユーザーには報酬のビットコインが支払われる問題を解いて報酬という金脈を掘り当てることを目指すので「マイニング(採掘)」と呼ばれている。

1つのブロックをマイニングしたときの報酬は、そのブロックに含まれた取引で生じた手数料+12.5BTC(2017年3月現在)。1BTC14万円で計算すると……175万円!これだけの報酬が10分ごとに発生している。

ビットコインのユーザーの中には、マイニングを行う「マイナー」がたくさんいて、報酬を獲得すべくブロック作りの速さを競うのだ。

「おっしゃ!マイニングで一発儲けたろ!」とお考えのそこのあなた!
マイニングで利益を出すには、十分に勉強した上で、超ハイスペックなコンピュータとそれを動かす電気代が必要だ。素人じゃムリ。
おとなしく株とかFXとかで頑張ろう。

computer_hacker_white_syuudan

この「前後のブロックにより解が変わる問題」は、マイニングを活発にするだけでなく、改ざんを難しくする効果も担っている。

もしブロックチェーンの何段目かのブロックをいじったとすると、そのブロックの問題の答えが変わるので、解き直して設定しなければいけない
さらに、それよりも新しいブロックは全て問題の答えが変わっているので、それらを全て更新する必要がある。
問題を解いている間にも新しいブロックは増えるし、そもそもブロックチェーンは全員に共有されているしで、台帳を都合よく変更するのはまず不可能だ。

これが台帳を一箇所で管理しているとすればどうだろう?
悪者がサーバーに侵入して台帳を変えられてしまえばOUTなので、とにかくセキュリティを強くするしかない。内部からパスワードが漏れる可能性もある。1点集中は脆いのだ。

ちなみに

少しビットコインから話がそれるが、このような強みをもったブロックチェーンの分散ネットワークを、クレジットカードの認証システムなどの他分野へ応用しようという試みもある。

また、マイニングの過程で解く難しい問題を素数発見タンパク質の作用分析などに置き換え、ブロックチェーンと難問解決の一石二鳥を狙う構想もなされているとか。

まとめ

  • ビットコインは手軽に使えて安全
  • 巧妙なシステムに支えられた信用性をもつ
  • 基本的には「買う」ことで入手可能

ビットコインは利用できる場面がまだまだ少なく、現実の通貨に置き換わるのはまだ先だろう。

また、(仕組みが安全とはいえ)ウォレットの管理が杜撰だと資産を失う危険があるし、税をどうするかなどといった法律面や、相場の変動が激しいなどの経済面での問題も残る。

有史以来、石・貝・金属・紙とその素材を変えてきた貨幣が物理的な形を失い、取引がデータのやり取りのみで成立する日は来るのか。
ビットコインの登場により、その実現可能性は開かれ始めている。

【お金】新制度「iDeCo」が僕ら若者の暗~い未来を変える……?

2017.02.03

お金の本当の重み、あなたは分かる?

2016.10.23
京都大学工学部情報学科4回、コジマです。出す側として・答える側として、「エンターテインメントとしてのクイズ」を目指しています。

 

ABOUTこの記事をかいた人

京都大学工学部情報学科4回、コジマです。出す側として・答える側として、「エンターテインメントとしてのクイズ」を目指しています。