お腹いっぱい食べても餓死……ってあり得る?目指せゼロカロリー生活

どうも、コジマです。

ダイエット志向の高まりから、「カロリーゼロ」を謳う食べ物・飲み物がたくさん出回っている。

カロリーは人間にとっての燃料、摂らないと動けなくなってしまうものであり、食事の目的のひとつはカロリーを摂ることだ。

ついつい食べ過ぎてしまうとき、メニューの一角をカロリーゼロに変えて太らないようにしたい……。そういう需要が商品を生むのだろう。

しかし、もし”カロリーゼロ”のものばかり飲んで食べたらどうなってしまうのか。お腹は膨れたけど餓死、そんなことになってしまうのか。

ここで今一度考えてみたい。


そもそも、「カロリーゼロ」でもカロリーは少し含まれている、ということを確認しておかなければいけない。

栄養成分表示に関する決まりで、カロリーゼロと表示できるのは「100g(液体なら100ml)辺り5kcal未満のもの」とされている。これだけカロリーが低ければゼロとみなしてよいだろう、ということだ。

※ちなみに「カロリー控えめ」「低カロリー」と表示できるのは「100g(液体なら100mL)辺り20kcal未満」のとき。

これがどのくらい低カロリーかというと、ヘルシーな食べ物の代表格、こんにゃくが6.9kcal/100g、きゅうりが14kcal/100gである。

カロリーゼロの食品で多いのは、甘い飲み物やゼリー系の食品。これらのカロリーは基本的に甘味料に由来するから、強い甘味をもつ人工甘味料に置き換え、糖分の量を減らすことでカロリーを抑えやすい。

一方、甘味料以外の炭水化物・タンパク質・脂質を含む食品は、否が応でもカロリーを含んでしまうので難しい(タンパク質は1gで4kcal、脂質は1gで9kcalの熱量をもつ)。

本当にゼロカロリー商品だけ食べようとするとゼリーを食べながら飲み物をガブガブ飲むしかない……。


激しい運動をしなくても、人体は活動するためにカロリーを消費する。それに必要なエネルギー量を「基礎代謝」といい、成人男性で1,500kcal、成人女性で1,200kcalが目安となる。

基礎代謝分のカロリーをゼロカロリー飲料(5kcal/100mLと仮定)で補うとすると、1,500kcalを補うためには全部で30L(!)飲まねばならない……。カロリー不足の前に水分の摂りすぎで死んじゃう。

不足するのはカロリーだけではない。前述の通り、ゼロカロリー食品にタンパク質や脂質を加えることはほぼ不可能なので、これらは確実に欠乏する。

これらは身体の組織をつくる成分だから、長いこと不足する食生活が続くとやはり命に関わるだろう。

というわけで結論。カロリーゼロ商品ばかり口にしていたら、何かしらが不足して死ぬ。
何事も無茶はよくない。ゼロカロリーの利用は程々に。

参考文献

「T.M.Revolutionごっこ」ができるギリギリの風速は?

2017.11.18

「コミケ雲」の”伝説”たる所以を科学的に考える

2017.11.14

血が出まくってもそれを飲みまくれば失血死しない。○か×か?

2017.10.17

アイドルになる前に、おならをしないアイドル人間になるためのヒケツ

2017.09.26

京都大学工学部情報学科4回、コジマです。出す側として・答える側として、「エンターテインメントとしてのクイズ」を目指しています。