いくつ分かる? いろいろな検定の1級に挑戦

こんにちは。小林です。

私事ではありますが、1月8日(日)12:00~13:30フジテレビ『検定王 〜1級ホルダーNo.1決定戦〜』という番組に出演させていただきます。

この番組はある検定で1級を保持している人を集め、その人たちが本気で勝負をするという企画なのですが、私は今回、漢字検定1級の保持者の一人として参加させていただきました。

実は私は、これまでに漢字検定1級に23回合格しています。「なんで1度合格しているのに何回も挑戦するの?」とよく聞かれるのですが、私はいつも「試験では毎回初めて見ることばが出題されて、なかなか満点をとることができない。自分が知らないことを追い求め続けるのが楽しい」と答えています。

どうでしょう?  このロマン、分かる気がしませんか?

……分からないですか?

……まあ良いでしょう。

本記事ではこれに関連して、TVでも紹介されるようなメジャーなものから聞き覚えのないようなマイナーなものまで、いろいろな検定の1級の問題に挑戦します。

1級といえば問題作成者の威信がかかった最後の試験ともいうべきもの。正直、難易度はかなり高いですが、ぜひ正解目指して頑張ってください。

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

いくつ分かる? いろいろな検定の1級に挑戦 %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する




 いかがでしたか? このほかにも、世の中にはいろいろな検定が眠っています。書店ですらテキストを取り扱っていないほど小規模なものも含めると、その数3000を超すともいわれています。

歴史、食品、スポーツ、アニメなど、皆さんにもきっと「これだけは人に負けない自信がある」という得意分野があることでしょう。もしかすると、それに特化した検定も存在するかもしれません。

下の名前は「はやと」と読みます。東大文学部に在学中です。広くことばに興味があり、特に漢字に人生の大部分を捧げています。「内容は親切に、文章はスマートに」を目指して、皆様に記事をお届けしたいと思います。東大クイズ研究会に所属。

 

ABOUTこの記事をかいた人

下の名前は「はやと」と読みます。東大文学部に在学中です。広くことばに興味があり、特に漢字に人生の大部分を捧げています。「内容は親切に、文章はスマートに」を目指して、皆様に記事をお届けしたいと思います。東大クイズ研究会に所属。