シーズン突入! 知って備える花粉症のキホン

こんにちは、服部です。

記事タイトルどおり、そろそろ花粉症のシーズンに突入します。日本気象協会でも、今春の花粉飛散予測の第3版がちょうど先日発表されました。

あなたは花粉症ですか?

僕はというと、もともと全くそれらしいことはなかったのですが、去年の春ごろに、何故かくしゃみが止まらない日が出始めました。その時は、花粉症なのか、ただの風邪か、あるいは部屋のホコリのせいかは不明でしたが。

もし今春にも同じような症状が出たら、花粉症患者になってしまったと悟らなければならないようです……。

というわけなので、つい最近までは花粉症などとは全く縁がありませんでした。

しかし、去年の僕がそうだった(かもしれない)ように、花粉症でない方でも今後になって発症する可能性はあります。

目立った症状を感じたときにすぐに花粉症と気付けるように、基本的なことを知っておきましょう。

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

シーズン突入! 知って備える花粉症のキホン %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する



紹介したのは、花粉症についての基本的なことのほんの一部です。

他に「ウール製などのケバケバした衣服を着ない」「生活習慣・食生活を整える」などの予防策もありますが、あまりにひどい場合には、耳鼻咽喉科や内科などの病院で診察や薬の処方を受けられます。

ちなみに、「病気名 マニュアル」などと検索すると、国の機関が策定した、予防法や治療のマニュアルが上位にヒットします。各病院のサイトなども役立ちますが、「マニュアル」や「ガイドライン」といった検索ワードを覚えておくと、正確で総合的な情報が手に入りますよ。

この記事の内容も、環境省による「花粉症環境保健マニュアル」を参考にしました。

東大経済学部3年・クイズ研究会所属の服部と申します。知識も経験もまだまだ浅い青二才ではありますが、学びと発見への新たな入口の1つとしてお手伝いできればと思います。よろしくお願いいたします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東大経済学部3年・クイズ研究会所属の服部と申します。知識も経験もまだまだ浅い青二才ではありますが、学びと発見への新たな入口の1つとしてお手伝いできればと思います。よろしくお願いいたします。