【twitterで放流中】東大生が教える! そのうち使える豆知識集その1

河村です。お久しぶりです。どうも。

皆様は我々QuizKnockがtwitter(@QuizKnock)上で「小ネタ」を公開しているのをご存知でしょうか。

知らない人は是非よろしくお願いします。ふぉろーみー!

大学の建物は映えるなぁ。

今回は、既にtwitterで公開した小ネタをまとめると同時に、その周辺知識も少しお伝えしたいと思います。

雨の正体は?

ツイートでは「雨が雪の溶けたもの」、と大分省略した書き方をしてしまいましたので、少し掘り下げます。

雨や雪は、雲から降ります。日本上空の雲は、細かな氷の粒から出来ています。細かな氷の粒がくっつき大きくなり、雪の粒となるのです。

ある程度大きくなった氷の粒は、浮かんでいることが出来なくなり、地面に落ち始めます。そして温かい地表が近くなるにつけ解け、最終的に「雨」となるわけです。

このような「雪の溶けた雨」を、学術用語では「冷たい雨」といいます。カッコイイ。

これはあくまで「日本(程度の緯度)では」の話。暖かい熱帯では雲が水で出来ていて、最初から水の粒として雨が出来ることがあります。こちらは「温かい雨」と呼ばれます。

皆様ぜひ、今度雨が降ってきたら、「冷たい雨だ……」などと呟いてみてください。学術的には正しい。

13日の金曜日?

「13日の金曜日恐怖症」は「フリッガトリスカイデカフォビア(friggatriskaidekaphobia)」。

「(数字の)13恐怖症」は「トリスカイデカフォビア(triskaidekaphobia)」といいます。

13と同じく忌まれる「666」。「666恐怖症」は「ヘクサコシオイヘクセコンタヘクサフォビア(hexakosioihexekontahexaphobia)」なる名前とのこと。

こんなのを覚える必要はありませんが、「フォビア」=「恐怖症」は覚えてくださいね。ちょっと難しい一般語彙ですよ!

江戸川コナンが生まれた日

工藤新一が読んでいた新聞の日付から「平成六年一月十?日」が読み取れます。新一がコナンにされたのはその翌日(遊園地でのことでした)。

?の字は最下部に横線が入っているところまでは読み取れます。つまり候補は二、三、五。

遊園地に行っているので、翌日が日曜日(1月16日)である1月15日が有力ではないか、と筆者は考えました。もう雑学じゃねぇなこれ。

この説、蘭と新一が土曜日に学校に行っていることになります。違和感を覚えた人もいるかも?

……若い方には馴染みがないかもしれませんが、昔土曜日は「半ドン」と呼ばれ、「午前学校・午後休み」とされていたんですよ。

まだ続く! そのうち使える豆知識(1/2)

河村です。どうも。日頃は東大クイズ研で各種クイズと戯れています。常識に囚われないことを目標に、日々常識を学ぶ毎日です。良品も珍品も出していきたいと思ってはいるのですが……(記事一覧で実態を確認だ!)

 

ABOUTこの記事をかいた人

河村です。どうも。日頃は東大クイズ研で各種クイズと戯れています。常識に囚われないことを目標に、日々常識を学ぶ毎日です。良品も珍品も出していきたいと思ってはいるのですが……(記事一覧で実態を確認だ!)