【黒子のバスケ】緑間真太郎のシュートはなにゆえ絶望的なのか。

好きなのは黄瀬涼太。こんにちは。ナイスガイの須貝です。

皆さんは『黒子のバスケ』というマンガをご存知ですか?

パスが信じられんくらい上手な黒子くんがバスケットボールをする激アツなマンガです。僕は原作、EXTRA GAME、小説版を全部持っていて愛読しています。

『黒子のバスケ』は激アツなジャンプ漫画なので、激アツなライバル達が登場します。「キセキの世代」と名付けられた黒子くんの中学時代のチームメイトなのですが、まぁ強い。オンリーワンでナンバーワンの才能を持ったそのライバル5人も魅力的なマンガです。

そのキセキの世代の中に1人、超高校級では済まない、「マンガみたいな」才能を披露しているキャラクターがいます。それが緑間真太郎。


img Via 黒子のバスケ劇場版HPより

緑間真太郎という男

ポジションはSG(シューティングガード)で、彼の主な仕事は「遠くからシュートを打つこと」。バスケットボールにはスリーポイントラインより後方からシュートをし、それが決まれば2点ではなく3点を与えるというルールがあります。彼はそれを狙うのが仕事です。

その狙い方がとんでもないのが緑間真太郎。彼の決め台詞はこうです。

「誰がそんな手前だと言ったのだよ。俺のシュートレンジはコート全てだ。」

彼はコートの自陣エンドラインからシュートを打ってゴールすることができるのです。それも邪魔されなければ百発百中。

彼のシュートにはもう一つ特徴があります。それは「超高弾道」であるということ。正確無比なそのシュートは上空高くに打ち出され、長い滞空時間を経てリングに触れることなく突き刺さるようにゴールに入ります。

……ってそれ、マジで可能?

リングに触れないシュートの条件

彼のシュートの秘密を探るべく、少し計算してみました。

リングにボールが当たらない角度でエンドラインからシュートする、という条件で計算します。

エンドラインからゴールリングまではおよそ26.3m。ゴールリングの直径はボールの直径の約2倍ですのでリングに当たらずにゴールできるシュートの打ち出し角の条件は30°以上です。(正確にはボールの直径が24.5cm、リングの直径が45cmなので33°以上。)

弾道の違いによる滞空時間の差

一般に、最短時間でゴールを狙うのなら打ち出し角が小さいほうが有利です。この場面では30°が最速になります。

打ち出し角30°で26.3m先のゴールに入れるためには初速17.3m/sで打ち出す必要があります。時速にすると62.1km/h。そのときの高さは3.80mで、打ってからゴールに届くまで1.8秒かかります。これが最速。

ところで、同じ17.3m/sという初速で打ち出すなら、角度を60°にしてもちょうど26.3 m先のゴールにぴったり入ることになります。緑間のシュートの弾道を見る限り、選択されているのはこちらです。

これは30°の時とどれくらい違うのでしょうか。

このときのボールの高さはなんと11.4m。そして、滞空時間は3.0秒になります。

さて30°でも60°でも入るこのシュート、どっちも打てるのになぜ緑間は60°を選んでいるのでしょうか。

ここでバスケのルールを振り返りましょう。バスケットボールには、攻撃中3秒以上ゴール下の制限区域にいてはならないというルールがあります。バスケットボールにおいて3秒はとても長い時間だということがわかります。

緑間はシュートを打った後すぐに後ろを向いて自陣へ守備に戻ります。自分のシュートは絶対に外れない。相手の攻撃は余裕を持って防ぐ。守備に戻る時間を作り出すために緑間は同じ力で打てるなら高弾道のシュートを選択しているのではないかと考えられますね。

まとめ

緑間のシュートの絶望感は絶対に決められるという点の他に、相手の心を折り、守備に戻るのに十分な滞空時間にありそうですね。

東大博士課程。女性声優の研究をしていて、趣味は超伝導について調べること。少年マンガはジャンプ派。