実は35歳は「三十路半ば」ではない?辞書には意外な意味が……!

「いやー、もう三十路も半ばだからね」

そう言って頭の後ろを掻きながら苦笑いを浮かべる男性。さて、この男性は何歳でしょう?

これは実はかなり難しい問題です。何故なら、彼が「三十路」をどのように使っているかが分からないからです。

え? と思った方も多いでしょう。さっそく2つの可能性について見ていきましょう。

30歳説

この男性が「三十路」の意味を辞書通り捉えていたならば、彼は30歳ということになります。誕生日から大体半年後なのでしょう。

そう、実は「三十路」は30歳のことだけを指すのです。

大辞林第三版

みそじ【三十路・三十】
〔「路」は接尾語。古くは「みそち」〕
①三〇歳。
②三〇。

「三十路」は30代全体を指すと思っていた方も多いのではないでしょうか。この勘違いの元になったと思われるのが「路」の字。なんだか30歳から39歳までの道を意味しているような気になりますよね。

しかしこれは当て字。大辞林にもあるとおり、元は「みそち」と書きました。この「ち」は、「ひとつ」「ふたつ」の「つ」のように物を数えるときに使われる言葉。「二十歳」と書いて「はたち」と読む、あの「ち」です。

35歳説

では「30代」という意味で「三十路」を使ってはいけないのか、と言われると、そうとも言い切れないほど広まってしまっているのが現状です。一部の辞書では「30代」という意味も載っています。

三省堂国語辞典第六版

みそじ【三十路】
①三十歳。
②三十代。

したがって、「三十路」と言われたからといって、「この人は30歳なんだな」と即断はできません。

そもそも30歳6ヶ月なら「三十路半ば」とは言わない気もしますよね。

参考文献

東大文学部、東大クイズ研のカワカミです。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。