「肉」を「にく」と読むのは音読み?訓読み?クイズ

どうも、山本です。

みなさん、「音読み」「訓読み」って知ってますか?

「さすがに知ってる!!」と思う方もいらっしゃると思いますが、軽く説明をしておきます。

音読みは、昔の中国の発音に由来する読み方です。音読みは、その読み方だけでは意味が通じにくいものが多いです。

一方、訓読みは、漢字の持つ意味に相当する日本語由来の読み方です。訓読みは、その読みを聞いただけで意味がわかるものが多いです。

そんな音読みと訓読みの違いをクイズにしてみました。ひとまず、例題です。

【例題】「」を「」と読むのは、音読み・訓読みのどっちでしょう?

正解は「音読み」です。

「あれあれ、さっき言ってたことと違う……?」と思った方も多いのではないでしょうか。

そうなんです! 実は、音読み訓読みには「ひっかけ」が多いのです。

」のように読み方だけで意味が通じるような言葉でも、音読みの場合があるのです(その逆もまた然り……)。

解いてみてわかる、意外と難しいやつやーん! という訳で、選りすぐりの10問を用意しました。

ひっかけに騙されないように全問正解目指してみてください!

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

「肉」を「にく」と読むのは音読み?訓読み?クイズ %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する



早稲田大学先進理工学部応用物理学科4年の山本です。クイズを通して、知識と知識のつながりを楽しんでいただけるような記事をお届けしたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

早稲田大学先進理工学部応用物理学科4年の山本です。クイズを通して、知識と知識のつながりを楽しんでいただけるような記事をお届けしたいと思います。よろしくお願いいたします。