非リアオタクには「俺の嫁」という表現を使う権利は無いという話

長門は俺の嫁――

数年前、アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』が放映されていた際に、ヒロインのひとり・長門有希を愛するオタクたちが競って使った表現だ。

現在でも、かつてほどではないが、様々な二次元のキャラクターに対して「俺の嫁」という表現が使われている。

しかし、これは実は誤用だ、とする意見がある。

「嫁」とはそもそも、息子の配偶者(妻)を意味する言葉で、「婿(むこ)」の対義語である。家制度のもとで、外部から家に入ってくる女性というのが本来の意味であり、それは「女」+「家」という漢字の成り立ちを見ても分かるだろう。

つまり、オタクが長門有希を自身の妻として「俺の嫁」と呼ぶのは間違っている、ということだ。

もちろん彼らに息子がいて、その妻として長門有希を迎えたい、という意味であれば正しい使い方だが、そのように使っているオタクはおそらくいなかったであろうし、そもそも彼らの多くは独身だった。
(いや、もしかすると「俺のムスコの妻」という意味で使っていたオタクもいたかもしれないが、そこはノーコメントで)

***

ではどのように言えば良いのか。「長門は俺の妻」? なんだか堅苦しいし、軽々しさに欠ける。オタクは時に一夫多妻制を採るので、ひとりの女性に対して重々しい表現は使いたくない。

この葛藤を感じていたのはオタクだけではなく、二次元ではなく三次元に生きる男たちも、「妻」以外の自身の妻を指す言葉を欲していた。

そこで使われるようになったのが、本来息子の妻を指す「嫁」であり、本来他人の妻を指す「奥さん」であったのだ。

現在では広辞苑をはじめ、多くの辞書で「嫁」の「自身の妻」という用法が採用されるようになった。

こうしてオタクたちは「間違った日本語を使っている」と非難されることもなくなったのである。

***

余談だが、「俺の嫁」と検索すると「俺の嫁が可愛い」なる投稿型サイトが1番上にヒットした。中を覗いてみると、リア充が自身の妻や彼女を自慢し、ノロケるというものであった。

独身非リアキモオタクの私は、キラキラリア充を見て今日も壁を殴る。


この記事はQuizKnockライター・カワカミが「ねとらぼアンサー」で書いたものをリライトしたものです。

「○○しきる」という言い回し、「雨が降りしきる」でしか使わない説

2017.08.19

【非エロ】諭吉も漱石も同人誌を書いていた!?

2017.07.27

【ガチャ】限定SSR神谷奈緒に学ぶ確率のカラクリ【デレステ】

2016.12.19
東大文学部・国語研究室所属のカワカミです。東大クイズ研究会・AnotherVisionなどに所属しています。プロフィール写真は大学1年のときの黒歴史です。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。どうぞよしなに。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東大文学部・国語研究室所属のカワカミです。東大クイズ研究会・AnotherVisionなどに所属しています。プロフィール写真は大学1年のときの黒歴史です。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。どうぞよしなに。