プーチン氏来日! ロシア語をなんとなーく読めるようになるための5問

ご機嫌いかがですか、柳野とうふです。最近は朝起きられなくてつらいです。

 

さて、皆さまロシアに興味はおありでしょうか。

最近のニュースで言うと、明日・12月15日に大統領プーチン氏の来日会談が控えており、北方領土問題などで注目されていますね。日本の重要なお隣さんの一つ、ロシア。

そんなロシアですが、ロシア語の表記には、私達にはちょっと馴染みの薄い文字が使われている、ということはご存知の方も多いと思います。ひょっとしたら「キリル文字」という名前に聞き覚えがある方もいらっしゃるかもしれませんね。

では、そのロシア語の「文字の読み方」は知っていますか? きっとほとんどの方は知らないのではないかと思います。

今回はその「ロシア語の文字の読み方」をサクッと紹介したいと思います。記事を読み終えたときに「単語とかの意味は分からないけど、なんとなくの読み方は分かる」ようになることを目指しております。

 

ロシアの文字はこんな感じ

では本題。ロシア語で使われる文字は全部で33種類(「キリル文字」はちょっと広い呼び名なので、この記事では「ロシアの文字」というような表記を使います)あって、具体的には下の表のような感じです。どうぞ。

%e3%82%ad%e3%83%aa%e3%83%ab%e8%a1%a8%ef%bc%88%e7%9f%ad%ef%bc%89

一覧表。「字の名前」はカタカナで出来る限り近い音を当てはめています。

どうでしょうか。あー見たことある、となるかもしれませんね。まあ丸暗記しようとしても頭に入ってこないと思います。

ぱっと見の印象だと、「大文字と小文字が同じ形のものが多い」「なんかやたら長い名前の字がある」といったところが気になるかもしれませんね。

後でクイズを絡めつつ解説を進めていくので、詳しくはそちらで。

ちなみにロシア語は、文字の基本的な発音と、実際の単語になったときの発音のズレが比較的少ない言語です。英語だとたとえば、「station」という語に2つ「t」が含まれていますが、前の「t」と後ろの「t」では全く読み方が異なるため、それぞれの単語ごとに読み方を覚える必要があります。ロシア語ではそうしたズレが少ないのです。

つまり、この記事で大体の「文字の読み方」を覚えると、大体の「単語の読み方」も分かるようになるのです。すごいぞ。

※ズレが「全く無い」わけではないため、単語ごとに読み方を覚える必要があることは変わりないのですが、英語よりははるかに読みを予測しやすいと言えます。

 

簡単な用語確認

それではクイズを始める前に、説明に使う基本的な用語の確認をば。知ってる方は読み飛ばしてもらっても大丈夫です。

母音と子音

母音」は日本語だと「あいうえお」、英語のアルファベットだと「a e i o u」が該当する音です。「舌や唇で邪魔したりせずに、声帯のふるえをそのまま出す音」ぐらいの説明が妥当でしょうか。

子音」は英語でいう「s」や「k」などの音です。「舌や唇で音の通り道を妨げるときに出る音」という感じでしょうか。

ご存知の通り、日本語は子音と母音が一体になって一文字を形成しています。たとえば「さ」は「s」という子音(舌を上歯茎の辺りに当てて息を通す音)と、「a」という母音(「あ」の音)からなっていますね。

有声子音と無声子音

さてこちらは少しなじみが薄い概念でしょうか。

今しがた「子音」について説明しましたが、子音は「有声子音」と「無声子音」に分けることができます。

発音するときに、喉が震える子音は有声子音、震えない子音は無声子音です。実際に喉に手を当ててみるとよく分かると思います。

この概念がロシア語で重要になるのは「有声子音に対応する無声子音がある」場合なので、ざっくりとイメージするときには「濁音の子音」と「清音の子音」という対比(たとえば、「s」と「z」のような)だと思ってもらうといいかもしれません(もちろん厳密には違います、あくまでイメージとして)。

 

それではここから本格的に読み方に入っていこうと思います。準備はよろしいですか?

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

プーチン氏来日! ロシア語をなんとなーく読めるようになるための5問 %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

 

以上でロシアの文字の読み方解説はおしまいです。どうです、ロシアはちょっと身近に感じられるようになりましたか?

私は、新しく文字が読めるようになることはとても面白く、楽しいことだと思っています。まったく意味がわからない記号の羅列だった文章が、文字が読めるようになるだけで、少し親近感の湧くものに感じるのです。それは、「一段階見える世界が広がった」とも表現できることなのかもしれません。

今回の記事を通して、そんな感覚を読んでくださったあなたに届けられているとしたら、これ以上の幸せはありません。

また、これを機にロシア語に興味を持ってくださったら、ぜひとも色々と調べてみることをオススメします。「文字が読める」より更に進んで、「文が読める」ところまで行けたのなら、「見える世界」だけではなく「触れられる世界」が広がることでしょう。

サムネイル画像 Via Quinn Dombrowski

東大で美術史学を専攻している東京大学OBです。マンガとか専門の本とかを読んでるときに「知らない単語」に出会った感動を共有したいがためにクイズを作ってるところが多分にあります。絵は見るのも描くのも好きです。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東大で美術史学を専攻している東京大学OBです。マンガとか専門の本とかを読んでるときに「知らない単語」に出会った感動を共有したいがためにクイズを作ってるところが多分にあります。絵は見るのも描くのも好きです。