30歳以上は必ず間違う!?教科書から見るジェネレーションギャップ

こんにちは。バレンタインデーにもらったのがチョコレート味のペヤングだった高橋です。しかも男からでした。

先日、日本史の新教科書において「鎖国」という言葉が掲載されなくなるというニュースが話題を集めました。

今回は特に目立つ言葉だったため大ニュースになりましたが、実は過去にも教科書から掲載されなくなった言葉は少なからず存在します。

というわけで、今週は「歴史教科書の変化」に関するクイズです。

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

30歳以上は必ず間違う!?教科書から見るジェネレーションギャップ %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する



いかがでしたでしょうか?

「教科書に載る言葉を変える」という行為の背景には、歴史文献の研究が進んでいることが分かるかと思います。

2問目に関して「『いい国作ろう鎌倉幕府』がもう古い」という話を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、自分が中学3年生の弟に聞いてみたところ、彼は「1192年か1185年と習った」と答えたので、「いい国作ろう……」が完全に古くなったわけではないようです。

歴史文献の研究は現在も進められています。「鎖国」のように、現在当たり前のように使われている言葉が使われなくなり、「『鎖国』という言葉が使われていた」こと自体が歴史の1ページになる日も来るかもしれません。

さいは投げられ会議は踊る 歴史を彩る名文句

2016.12.24

平成が終わるとコンピュータ大混乱?ITの世界をやさしく解説

2017.02.03

サムネイル画像 Via Amazon

東大文科二類1年の高橋と申します。スポーツや地理が好きなクイズ研究会会員です。皆さんが「読んでよかった」と思えるようなわかりやすい記事を書いていきたいと思っています。若輩者ですがよろしくお願いします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東大文科二類1年の高橋と申します。スポーツや地理が好きなクイズ研究会会員です。皆さんが「読んでよかった」と思えるようなわかりやすい記事を書いていきたいと思っています。若輩者ですがよろしくお願いします。