「流石」と書いて、なぜ「さすが」?

突然ですが問題です。この漢字は何と読むでしょう?

正解は、「さすが」。正解できた方、さすがですね~。

さてこの「流石」、いわゆる当て字の一種なのですが、「石が流れる」と書いて何故「さすが」と読むのでしょう? 漢字の意味からはまるで想像できませんよね。

言い間違いから始まった

古代中国、晋の孫楚という人物が、友人に「石を枕にして、川の流れでうがいをするように、自然の中で暮らしたい」と言おうとしたところ、間違って「石でうがいをして、川の流れを枕にするように、……」と言い間違えてしまいました。

それだけなら単なる言い間違いで、笑い話になるところですが、その友人にツッコまれた孫楚は負けず嫌い。なんとか言い訳をしようとします。

「石でうがいをするのは、歯を磨くためだ。川の流れを枕にするのは、耳を洗うためだ!」

この言い逃れを、その友人はすばらしい機転だ、さすがだ、と思いました。

これは『晋書』にある逸話。原文では、「石を枕にして、……」は「枕石漱流」、「石でうがいをして、……」は「漱石枕流」と書かれています。「漱」は「うがい」の意味です。ここから、「川の流れと石」すなわち「流石」を「さすが」と読むようになった、というのが現在主流の説です。

さすが夏目漱石?

ところで、「漱石枕流」という表現は「負け惜しみの強いこと」を意味する四字熟語にもなっています。

ここからペンネームを取ったのが、かの文豪・夏目漱石。本名は夏目金之助といいます。このペンネーム、実はもともと同級生の正岡子規のペンネームのひとつで、それを譲ってもらったのだ、とされています。

参考文献

東大文学部、東大クイズ研のカワカミです。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。