清水富美加、出家で髪を剃る!?「出家」が何だか調べてみた

こんにちは。QuizKnock編集部です。

先日「出家」を宣言して話題となった清水富美加さん。早くも告白本を発表とのことでさらに世間を騒がせています。

さて、ここで気になるのがこの「出家」という言葉。仏教以外で「出家」という言葉を耳にする機会はあまりないという人も多いでしょう。

では、そもそも出家とはどういう事をさすのか。仏教幸福の科学、あるいは他の宗教においてどのようなことを意味するのか。これを掘り下げていこう思います。

そもそも出家とは?

さぁ、出家とはどういう意味なのでしょう?

宗教用語であるため宗教ごとに意味が微妙に異なるようですが、基本的には「普通の生活を捨てて、宗教の修行にすべてを捧げる」ということを指します。
この「普通の生活を捨てて」というところがポイント。普通の生活では自由に出来ることが、戒律によって禁じられる。それを承知の上で宗教に捧げるのです。

出家の対義語は「在家(ざいけ)」です。これは”普通の生活”を送りながらも、その宗教を信じている人を指します。
つまり、宗教の信者は「出家者」と「在家者」の2つに分けることができ、特に宗教へよく尽くしている側が「出家者」だということです。

各宗教の出家の違い

各宗教の特徴を軽く見ていきましょう。

まずは仏教。単に「出家」と言えば普通は仏教の出家のことを指します。出家すると家庭を離れ、修行のための生活を送ります。簡単に言うと、「出家した人」=「お坊さん」です。髪を剃り、俗世間を離れ、仏の世界の修行に専念する、それが出家なのです。在家はお坊さんじゃない仏教徒全員ということですね。

緬甸孤兒院 微笑天使

では、キリスト教ではどうでしょうか。キリスト教では神父さんになることが出家と似た考え方かもしれません。生涯をかけて神の教えを人々に伝えるという義務を負い、休みをとろうにも頼み事が舞い込めば休めません。結婚することも禁じられます。ちなみに「神父さん」と呼ばれるのはカトリックで、プロテスタントの場合は「牧師さん」と呼ばれます。なお、この牧師さんは結婚が許されています。

さて、イスラム教は? イスラム教では出家という考えが完全にありません。信者全員が在家です。出家率0%です。指導者はウラマーと呼ばれますが、ウラマーの人たちも在家です。イスラム世界において在家の中で指導者的立場をとっているだけで、超平たく言えば「ただ詳しめな人」。ウラマーだからといって他の信者にはない戒律が与えられる、ということもないのです。

ここまでが世界三大宗教と呼ばれる宗教です。これだけを見てみても、出家に対する考え方が様々であることが分かりますね。

では新興宗教ではどうでしょう。

幸福の科学は今回の件の記者会見でこう説明しています。「24時間救済業の専門家になること」だ、と。ベクトルとしては仏教やキリスト教と似ているように感じます。しかし、家庭を捨てなければならないという戒律はありません。普通の生活を送りながらでも、24時間救済したいと考えていればそれで出家だと言います。さらに言うと、幸福の科学の職員になると、これがもう「出家」と呼ばれます。彼らにとって、幸福の科学の教えを広めることが救済業にあたるからでしょう。

幸福の科学に次いで日本で2番目の信者数を誇る新興宗教が創価学会です。実は創価学会には「出家」はありません。創価学会は法華経系の教えですが、法華経は仏教の中でも在家を推している教えなのです。特に創価学会は在家仏教と呼ばれるほどで、在家であっても出家と同等であるという考えに基づいているようです。

出家をどう見る

清水さんの直筆の手記には「無宗教の方が多い現代では意味不明だと思われるのも分かっている」というようなことが書いてありました。

確かに現代では「ちょっとお坊さんになってくる」と言われても戸惑うのは当然。「お坊さんになるのはお坊さんの息子」というイメージはとても強いと思います。では、一般の人が思い立って出家するということがよく行われていた昔の時代ではどのように思われていたのでしょうか。

出家する人について語った面白い随筆をご紹介します。

皆さんは『徒然草』をご存知でしょうか。およそ700年前に兼好法師(吉田兼好)が書いた随筆で、『枕草子』や『方丈記』と並び称される超々名作です。

Jikōin Temple

この作品は第二百四十三段まであるのですが、どれも素晴らしい洞察力で書かれていてかなり面白いです。あまりにも的確な教訓の数々は、700年前のものだとは思えないほどです。

その中の第五十九段をご紹介します。

出家しようかなって思ってる人は、心懸かりな事とか考えなくていい、躊躇なくそのまま出家するべきだ。
「待って、これさえ終われば」だとか「同じ出家なら、あの事をし終えてからの出家でも」だとか「このままだと人に笑われるかもしれない。後々面倒にならないよう準備してから……」だとか「長年在家でやってきたんだから今ちょっと待っても大差ない。落ち着いて行こう。」なんて思ってたんじゃあいけない。
そんなことしてるうちにまた避けられない用事が重なる。
終わりが来ない。
出家する日は来ない。
色んな人を見てきたけど、ちょっとばかりの決心の人はこんな感じでダラダラ先延ばし先延ばしで結局そのままいつか死ぬんだよ。

考えてもみて、火事で自分の周りに火が近づいてる時に「ちょっと待って」なんて言う人はいないでしょ? 
自分の体が大事なら、恥ずかしいとか、財産がとか、そういうものは全部かなぐり捨ててダッシュするでしょう。
命が人間を待ってくれるなんてわけはない。
死なんてのは水や火が攻めてくる以上のスピードで忍び寄ってくるんだ、あっという間で逃れられやしない。
死が訪れるその時、親や子供や他人から恩情が捨てがたいからって理由で生き残ります、なんて風にはいかないんだよ。訳:QuizKnock編集部

 

つまりこういうことです。「出家するのをためらってるんだったらさっさと出家しなさい。人生はいつ終わるか分からないんだから。」

時代・宗教によって違いはあるものの、俗世のしがらみを断ち切って思い切った決断をするということには変わりありません。

期待の若手女優として、これからだった清水さんの出家に伴う芸能界引退は残念でもありますが、彼女の思い切った決断を尊重しつつ、これからの彼女の活躍を祈るばかりです。

古文単語を制する者が受験国語を制す!【ことばの研Q】

2016.11.15

【3分で常識力チェック!】大人の常識Knock vol.19

2017.01.16
QuizKnock編集部
身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。
大学生ライターとは少し違った視点や内容でお届けできればと考えております。

 

ABOUTこの記事をかいた人

QuizKnock編集部 身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。 大学生ライターとは少し違った視点や内容でお届けできればと考えております。