「T.M.Revolutionごっこ」ができるギリギリの風速は?

コジマです。

今年(2017年)は台風が多かったように感じる。というか、台風で休めると思ったのに「朝には通り過ぎてんじゃん!」「週末に直撃してんじゃん!」をよく味わった気がする。おのれ台風。

台風が来たらやることはひとつ、T.M.Revolutionごっこである。

強風を一身に浴びて気持ちよくなる、言わずと知れたクレイジーな遊びだ。

もちろん、台風の中で外に出ちゃいけないのだが、それでも、どうしてもやりたいときはあると思う。

そんなとき、「人がまっすぐ立てない風速」のラインを知っておけば、安全に(?)T.M.Revolutionできるかどうか判断できるはずだ。

という訳で、今回は「まっすぐ立てない風速」について考えていく。


この動画は、時速100マイル(=秒速44.7メートル)以上の暴風の中に生身で出てみた様子を撮影したもの。まっすぐ立つことすらままならず、両足が地から離れた瞬間身体が浮き、吹き飛んでしまう。

風力の目安として使われるビューフォート風力階級によると、この風は最強の風力12(32.7m/s以上)。絶対に外出してはいけない嵐だ。

各階級には、その風によってどのような現象が起きるかが定められている。「直立できない」を探すと……。

実は、人に関する記述は風力8(17.2~20.8m/s)「風に向かっては歩けない」までしかないのだ。

「風に向かっては歩けな」くても直立で踏ん張ることはできる、とすれば、ギリギリのラインはもう少し上になりそうだが……。

そこでもう少し調べてみると、気象庁がいい資料を示してくれていた。

これによると、風速20m/s以上からは「非常に強い風」と表現され、「何かにつかまっていないと立っていられない」そうだ。T.M.Revolutionごっこでつかまることができるのはマイクスタンドだけだから、この風が吹いたらもう無理だろう。

よって結論。「直立できない風速」は20m/s以上!


ついでに、「人が吹き飛ぶ風速」を探ってみる。上の動画でも身体が浮き上がるシーンがあるが、それでもギリギリ立つことはできている。横風で人を完全に吹き飛ばすことはできるだろうか?

最近日本に上陸した「FlyStation」という施設では、真下から強風を送ることで屋内でスカイダイビングが楽しめる。

風速については体重に応じて変化させているようだが、最高で時速200km(秒速56m)前後とのこと。真下からの風でもこれだけの速度が必要だから、横風で吹っ飛ばそうとしたら7~80m/sくらいは必要じゃないかなあ(体格とか服装とか、風を送る角度とかが複雑に絡んで正確な値は分からない)。


台風が来ても、風速が20m/sを超えていたら危険なのでT.M.Revolutionごっこはよそう。超えていなかったら……自己責任でどうぞ……(やらないに越したことはない)。

参考文献

風力階級表(気象庁風力階級表) – tenki用語辞典 – 日本気象協会 

サムネイル画像 Via T.M.Revolution Official YouTube Channel

「コミケ雲」の”伝説”たる所以を科学的に考える

2017.11.14

血が出まくってもそれを飲みまくれば失血死しない。○か×か?

2017.10.17

アイドルになる前に、おならをしないアイドル人間になるためのヒケツ

2017.09.26

おっぱいで分かる微分の使いみち

2017.08.29
京都大学工学部情報学科4回、コジマです。出す側として・答える側として、「エンターテインメントとしてのクイズ」を目指しています。