死んだら古墳に入りたい。

突然ですが、人間は誰しも死にます。

僕も、あなたも、みんな死にます。

死だけは生ある者すべてに平等です。

残酷ながら、正しく美しい死――

 

ところで、私たち現代日本人の多くは、死んだあと墓に入ります。そしておそらく、家族が墓参りをしてくれます。良い話ですね。

しかし、本当にそれだけで良いのでしょうか?

僕は自己顕示欲が強い(強くなけりゃライターなんてやってない)ので、みんなが入るような小さい墓には入りたくありません。もっと大きくて、豪華な、存在感のある墓が良い……!

そう、まるで古墳のような……!


というわけで古墳についてのクイズです。古墳のような墓に入るためには、古墳について知っておかないといけませんからね(?)

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

死んだら古墳に入りたい。 %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する



 

どうでしたか? 古墳に入りたくなりましたか?

……と、まあ冗談はさておき、日本史では軽視されがちな古代についてのお話でした。少しでもロマンを感じていただけたなら、幸いです。

サムネイル画像(左上) / Via http://www.osaka-info.jp
サムネイル画像(右上)/ Via http://ja.wikipedia.org/
サムネイル画像(左下) / Via http://ja.wikipedia.org/
サムネイル画像(右下) / Via http://www.okayama-kanko.jp/

東大文学部・国語研究室所属のカワカミです。東大クイズ研究会・AnotherVisionなどに所属しています。プロフィール写真は大学1年のときの黒歴史です。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。どうぞよしなに。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東大文学部・国語研究室所属のカワカミです。東大クイズ研究会・AnotherVisionなどに所属しています。プロフィール写真は大学1年のときの黒歴史です。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。どうぞよしなに。