押さえたい、カッコよすぎる世界史用語(古代~中世編)

世界史を勉強していると、厨二心をくすぐられる、カッコいい単語がたくさん出てきますね。

特にキリスト教関連の言葉は、何でもないような単語でも、†宗教改革†のように記号をつけてみるだけでそれっぽく見えてしまいます。(そういえば†の記号の名前って何でしたっけ……)

しかし、言葉だけ知って使ってみても、意味や内容がわかっていなければ、ただの痛い人です。

https://en.wikipedia.org/wiki/Martin_Luther

ちなみに、宗教改革が本格化したのはルターが「九十五か条の論題」を発表してからです。

自分の使う言葉について、ちゃんと説明できる知識人でありたいですね。

世界史の単語は、様々なものの名前や芸術のモチーフになっているだけではなく、実は身近なニュースとつながっていることもあります。

カッコいい単語に酔いしれながら、知識を増やしてみましょう。

あなたの結果を表示するためにクイズを共有 !


あなたの結果を表示するためにあなたについて教えて下さい!

押さえたい、カッコよすぎる世界史用語(古代~中世編) %%total%% 問中 %%score%% 問正解でした!

あなたの結果を共有する



7問目で紹介したカール大帝は、トランプのハートのキングのモデルでもありますね。こちらでも、カッコいいトランプカードから世界史に触れてみませんか。

東大経済学部3年・クイズ研究会所属の服部と申します。知識も経験もまだまだ浅い青二才ではありますが、学びと発見への新たな入口の1つとしてお手伝いできればと思います。よろしくお願いいたします。

 

ABOUTこの記事をかいた人

東大経済学部3年・クイズ研究会所属の服部と申します。知識も経験もまだまだ浅い青二才ではありますが、学びと発見への新たな入口の1つとしてお手伝いできればと思います。よろしくお願いいたします。