河村です。どうも。

2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック。既に3年後の行事とは思えないほどの盛り上がりを見せています……悪い方の意味でも

エンブレム問題や新国立競技場問題など、既に五輪関連の政治は揺れに揺れています。

しかし、広い視点で見ればそれも当然かも知れません。なぜなら、オリンピックは政治の場でもあるから。

そこで今回は、2020年の予習として、1964年の方の東京オリンピックの裏側でどのような政治的力学が働いていたかを簡単にご紹介したいと思います。

今度の東京オリンピックでは、きっとこれ以上の政治的アレコレが渦巻くことになるのです。

様々な思惑の中で開かれた1964年東京五輪から、56年。2020年に、僕たちはどんな動きの中にいるのでしょうか。


光のスポーツ編はコチラ


この記事を書いた人

河村・拓哉

河村です。どうも。日頃は東大クイズ研で各種クイズと戯れています。常識に囚われないことを目標に、日々常識を学ぶ毎日です。良品も珍品も出していきたいと思ってはいるのですが……(記事一覧で実態を確認だ!)

河村・拓哉の記事一覧へ

連載企画