カテゴリ

ログイン

こんにちは、志賀です。

もう毎日暑くて何もしたくない。でもじっとしているのも退屈だ......。そんなあなたにオススメなのが、美術館です。

何故美術館かって?答えは簡単、たとえ外がどんなに暑かろうと作品保護のために美術館の内部はいつでも涼しい室温で保たれているから。暑さを避けられて知見も広がる、まさに一石二鳥です。

冗談はさておき。期間ごとに美術館では様々な企画展が開催されています。中でも今注目を集めているのが世界遺産に登録されたことでも知られる国立西洋美術館にて開催されている『アルチンボルド展』です。

アルチンボルドという画家は、あまり聞き覚えのない名前かもしれません。アルチンボルドは16世紀のイタリアで活躍した貴族や皇帝のために絵を描く職業芸術家です。特徴はなんといっても植物や動物、更には職業道具を寄せ集めて全く別のものを描いてしまうその画風。

ピンとこないかもしれませんが、彼のまるで謎解きの世界かのような画風には現代にも通じるような面白さがあります。そんなアルチンボルドの絵画を、クイズと一緒に見ていきましょう!

いかがでしたか?今回、国立西洋美術館のアルチンボルド展で展示されている作品はどれも普段は日本ではなかなかお目にかかれないものばかり

この機会にアルチンボルドの時代を超越した奇才を肌で感じてみてはいかが?

サムネイル画像 Via アルチンボルド展 公式サイト

この記事を書いた人

志賀玲太

東京藝術大学美術学部芸術学科に在籍中の志賀玲太です。普段は美術史や美学といった学問を専門に学んでいます。好きな寿司ネタは甘エビ。

志賀玲太の記事一覧へ