QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

この記事では、QuizKnockの動画が大好きなチャンイケが、オススメの動画をピックアップして紹介します。

QuizKnocKのYouTubeチャンネルにアップされた「1本の不思議な動画」と出会ったチャンイケが、徐々にその動画の恐ろしさに気づく、というホラー味溢れるストーリーとなっています。

どうぞお楽しみください。

※この物語はフィクションです。

「はぁー、今日はめっちゃ頑張った! よし、動画観るかー」

仕事終わりにQuizKnockの動画を観るのが日課だ。

最新の動画やお気に入りの動画をチェックしては、あれこれと思いを馳せる。

「こうちゃん平常運転だなー」

「こんなうまく問題作れるようになりたいなー」

「僕だったらここでこんな感じに振る舞うなー」

毎晩ぐるぐると考える。なんと幸せなひとときだろうか……。

「ピーンポーン」

動画もいよいよ大詰めというところで、インターホンが鳴った。もう22時だぞ。

「誰だろう? こんな時間に……」

スペースキーを押して動画を止め、しぶしぶ玄関へ向かう。

「はーい」

「こんな時間にごめんねー。実は明日エレベーター工事があって、午前中エレベーター使えないんだ」

お隣さんだった。引っ越したての僕にいろいろ教えてくれる、優しい男性だ。僕が昼間家を空けている間に工事の連絡が入ったらしく、僕に伝えてくれたのだ。

「そうなんですかー。どうもありがとうございます。いつも助かります」

僕は深々と礼を言って部屋に戻り、パソコン画面に向かった。

「……あれ?」

動画が止まっていない。スペースキーの押しが甘かったのだろうか。

しかも、動画そのものに、妙な違和感を覚えた。

「なんか、薄い……」

いつもより山本さん、伊沢さん、川上さんの姿が少し薄い。

アプリはちゃんと起動するから、パソコン自体に問題はなさそうだ。

ということは過去にアップされた動画ということになるが、こんな動画あったっけ?

「いつもより頑張ったから、疲れて目がかすんでいただけかもしれない」

目を擦っていると、いつのまにかさっきより伊沢さんが薄くなっている。机に足をドンと乗せている。純粋にマナーが悪い。

しばらく動画を見ていると、法則性がわかった。早押しクイズに正解すると、他2人が薄くなり、誤答すると自分が薄くなるのだ。

私は恐る恐る、動画の続きを観た。

「問題。もともとはエミちゃん/」

伊沢さん(と思われる)が押した。解答に詰まっている。ボタンを押してから5秒後、答えが発された。

「えいこさん」

無情に響く不正解の音。

と、その瞬間、

「うわぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!」

伊沢さん(と思われる)が、断末魔のような叫び声と共に消えた。正解は「ジバニャン」だった。

残ったのは、山本さんと川上さん。

消えたくないからと、どんどん早押しが加速する。

「問題。遠近法/」

山本さんが答える。

「消失点!」

「問題。恐れられているものも正体が分かれば/」

川上さんが答える。

「枯れ尾花」

そんなところで正解できるのか。

問題こそゆっくりおどろおどろしく読まれているものの、冒頭しか読まれていない。しかも、ボタンを押したときに「答えは確実にこれだ」という確信を持った笑みをうっすらと浮かべている。

私は恐怖心におののきながら、動画を観ていった。そして……

「問題。食べ物/」

押したのは山本さん(かどうか、すぐにはわからないほど薄い)。答えはすぐに発された。

「消え物!!」

正解音が鳴り響くと同時に、川上さんの姿が消えた。

まだ「食べ物」という一般名詞しか発されていないのに正解できるなんて……。

この問題が天王山であることがわかっていても、そしてこれまでの問題に「幽霊」「消える」など、ホラーに関する言葉が含まれていたという法則を導き出せたとしても、あの押しは早すぎる。畏敬の意味での怖さもあった。

その後、「今日の一問」のコーナーで、身の毛もよだつ出来事が起こった。

誰もいないのに、伊沢さんの声が聞こえる……!

志なかば(優勝を目指す途中)で消えてしまった、その無念が「今日の一問」に乗り移ったのだろうか……。

「……ん、あれ?」

ふと気が付くと、ベッドの上で横になっていた。伊沢さんの「今日の一問」を聞いてから今までの記憶がない。

後日、動画に出演した3人に話を聞いたところ、3人とも、自身の姿が消えたどころか、薄くなった記憶すらないらしい。

じゃあ、あの動画はなんだったんだ……?

「存在感が薄くならないように、毎日自分をアピールしよう」

そんなことを、教えてくれたような気がした。

今回紹介した動画はこちら

私と同じ恐怖を味わいたい方は、こちらの動画をご覧ください。

この記事を書いた人

チャンイケ

京都大学大学院修了(工学修士)のチャンイケ(池田和記)です。理系に限らず、様々な学問・エンタメに関心があります。面白いクイズ、分かりやすくてタメになる記事を通じ、皆様の知的好奇心を刺激できるよう努めて参ります。趣味はクイズ、ボウリング・ゲーム・謎解き・食べ歩きなど。

チャンイケの記事一覧へ