QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【19日、今年の大賞を『アンデッドアンラック』が受賞しました。この賞は次のどれでしょう。】

正解は「次にくるマンガ大賞 2020(コミックス部門)」でした。

19日、情報誌の『ダ・ヴィンチ』と、動画サービスniconicoが運営する「次にくるマンガ大賞 2020」が発表されました。

コミックス部門では、大賞に『週刊少年ジャンプ』に連載中の『アンデッドアンラック』(戸塚慶文)が選ばれました。

またWebマンガ部門は、秋田書店のWeb漫画サービス「マンガクロス」掲載の、『僕の心のヤバイやつ』(桜井のりお)が大賞を受賞しています。

「次にくるマンガ大賞」とは、“次にブレイクしそうなマンガ”を発掘し紹介することを目的に創設された漫画の賞で、今年で6回目となります。

コミックス部門とWebマンガ部門があり、いずれも(書籍化されている場合)シリーズ既刊が5巻以内の作品が対象です。

過去の大賞には、『僕のヒーローアカデミア』や『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』といった作品も名を連ねています。

第2問

【このほど東京都渋谷区の公園に設置された、公共トイレが話題に。2014年にプリツカー賞を受賞した建築家、坂茂氏がデザインしたこのトイレの、特徴は何でしょう。】

正解は「外壁が透けていて中が見える」でした。

東京都渋谷区にある、はるのおがわコミュニティパークと代々木深町小公園に、外壁が透き通っている”透明トイレ”が設置されました。

透明であることから、使用されていない時には、外から個室内を確認できるという利点があります。また個室内に入って鍵をかけると壁が不透明になる仕組みで、プライバシーへの配慮も万全です。

夜には鮮やかにライトアップされることもあり、SNSなどで話題となったほか、海外メディアからも注目されています。

この一風変わったトイレは、安藤忠雄氏や伊東豊雄氏、隈研吾氏ら著名な建築家が名を連ねる、公共トイレのイメージを一新するプロジェクト「THE TOKYO TOILET」の一環として製作されました。

今回取り上げた”透明トイレ”をデザインしたのも、「建築のノーベル賞」とも呼ばれるプリツカー賞を2014年に受賞した、坂茂氏です。

第3問

【将棋の藤井聡太棋聖が20日、八大タイトルの1つ「王位戦」を制して、「史上最年少二冠」「史上最年少八段」に。さて、次の棋戦のうち、八大タイトルに含まれないものはどれでしょう。】

正解は「銀河戦」でした。

先月「棋聖戦」を制し、史上最年少でのタイトル獲得となった藤井聡太棋聖が20日、今度は「王位戦」の七番勝負で4連勝し、またもタイトルを獲得しました。

18歳1カ月での二冠達成は、史上最年少となります。これまでの記録は、羽生善治九段の21歳11カ月(王座、棋王)で、28年ぶりの記録更新です。

また今回のタイトル獲得により、藤井二冠は八段に昇段しました。八段昇段も史上最年少記録で、加藤一二三ひふみ九段の18歳3カ月を62年ぶりに更新しています。

さて、将棋の八大タイトルとは、「竜王戦」「名人戦」「叡王戦」「王位戦」「王座戦」「棋王戦」「王将戦」「棋聖戦」です。設問の「銀河戦」は、一般公式戦です。

ちなみに、藤井二冠が次に狙える可能性のあるタイトルは、2021年1月開幕見込みの「王将戦」となります。

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ