QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【ぐるなび総研から、その年の世相を反映し象徴する食を選ぶ「今年の一皿」が発表されました。2019年の「今年の一皿」に選ばれたのは、次のどれでしょう。】

正解は「タピオカ」でした。

2014年から始まった、その年の世相を反映し象徴する食を選ぶ「今年の一皿」が発表されました。

「スパイスカレー」や「チーズグルメ」、「発酵食メニュー」といった候補の中から選ばれた2019年「今年の一皿」は、「タピオカ」です。

新語・流行語大賞でも「タピる」がトップテンに入るなど、若年層を中心にタピオカを使ったメニューが大きな人気となったことが選出の決め手となりました。

ちなみにタピオカの原材料であるキャッサバは、バイオ燃料や歯磨き粉、でんぷんのりなど、食用以外にも広く使われています。

誤答選択肢の「高級食パン」は、2018年にノミネートされた料理です。また「ジビエ料理」は2014年、第1回の「今年の一皿」に選ばれています。

第2問

【大阪市の地下街「ホワイティ梅田」内の「ある県」のアンテナショップに、日本酒が出る蛇口が設置されました。清酒製造業者数が全国1位の、「ある県」とはどこでしょう。】

正解は「新潟県」でした。

大阪市北区にある地下街「ホワイティ梅田」に、日本酒が出る蛇口が設置されました。

設置されたのは新潟県のアンテナショップ「新潟をこめ」で、29日までの期間限定で、1杯200円で飲むことができます。

出てくる日本酒の銘柄は、週替わりで4種類が用意されているとのことです。

米どころとして知られる新潟県は、同じく米を主原料とする日本酒の製造も盛んで、国税庁の2016年のデータでは、酒蔵(清酒を製造する企業)の数が89軒と全国1位です。

第3問

【漫才コンクール『M-1グランプリ』の、敗者復活組を除く決勝進出者が決定しました。次のうち、現時点で決勝進出を決めたコンビはどれでしょう。】

正解は「かまいたち」でした。

今や年末の恒例イベントとなっている漫才コンクール、『M-1グランプリ』の準決勝が行われ、今年の決勝進出者が決まりました。

決勝に進出したのは、「インディアンス」「オズワルド」「かまいたち」「からし蓮根」「すゑひろがりず」「ミルクボーイ」「ニューヨーク」「ぺこぱ」「見取り図」の9組です。

過去に決勝に進出したことがあるコンビは「かまいたち」と「見取り図」の2組のみとなり、近3年準優勝の「和牛」や、2年続けて決勝で健闘を見せた「ミキ」らは敗者復活戦に回ることになりました。

過去最多となるエントリー5040組の頂点を決める決勝は、12月22日に放送予定となっています。

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ