カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【スペインで、サタン(キリスト教などにおける悪魔)の銅像設置計画が、カトリック教徒から大きな批判を受けました。それなぜでしょう。】

正解は「サタンの姿が陽気すぎたから」でした。

スペインのベゴニアは、世界遺産「セゴビア旧市街と水道橋」で知られる観光地です。

この水道橋には、美しい女性にだまされたサタンが一夜で建設した、という伝説があり、別名「サタンの橋」と呼ばれています。

そんな水道橋の近くに、サタンの銅像を建てる計画が立ち上がりました。銅像は、笑顔を浮かべながらスマートフォンを片手に自撮りしている、というデザインです。

この見た目に対し、「悪魔を賛美している」として地元のカトリック教徒が猛反発し、話題となっています。

第2問

【来月に初来日することが決まった、マララ・ユスフザイさんが受賞したことのある賞は、次のどれでしょう。】

正解は「ノーベル平和賞」でした。

2014年にノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが、東京で開催される国際女性会議に出席するため、初来日することになりました。

マララさんはパキスタン出身の女性で、現在21歳。会議では基調講演を行う予定です。

マララさんは、イスラム武装勢力による女性への教育抑圧政策に対し、銃撃を受けながらも子どもや女性の教育を受ける権利を訴え続け、2014年にノーベル平和賞を受賞しました。なお、17歳でのノーベル賞受賞は、史上最年少記録です。

第3問

【中国の北京・故宮博物院で初めての夜間開放が行われました。さて、現在は故宮博物院として活用されている、明、清代の宮城は何でしょう。】

正解は「紫禁城」でした。

世界遺産「北京と瀋陽の明・清王朝皇宮」にもなっている中国・北京にある故宮博物院が、2月19日と20日の期間限定で、夜間に開放されました。

トランプ大統領の訪中時に夜間利用されたことはありましたが、観光客に夜間開放されるのは、1925年の故宮博物院の発足以来、初めてとなります。

故宮博物院は紫禁城の内廷部分にあたり、紫禁城に保管されていた文化財を展示しています。

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

QuizKnock編集部 身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。 大学生ライターとは少し違った視点や内容でお届けできればと考えております。

QuizKnock編集部の記事一覧へ