QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【米航空宇宙局(NASA)が無人探査機「ドラゴンフライ」を送り込む計画を発表した、土星の最大の衛星は何でしょう。

正解は「タイタン」でした。

米航空宇宙局(NASA)は、2026年に無人探査機「ドラゴンフライ」を打ち上げ、土星最大の衛星タイタンの調査を開始すると発表しました。

ドラゴンフライは、ドローンのように回転翼で飛行するタイプの探査機で、タイタン上で着陸と飛行を繰り返しながら探査を行います。タイタンへの着陸は2034年の予定です。

タイタンには大気があり、生命が存在する(した)可能性も指摘されているため、そのような証拠を探すことがドラゴンフライの主なミッションとなります。

選択肢にはそれぞれ、太陽系にある惑星の衛星を並べてみました。

正答選択肢である「タイタン」は土星最大の衛星で、語源はギリシャ神話に登場する、巨大な体を持つ神の名前から。元素名の「チタン」も、ここから来ています。

誤答選択肢の「ガニメデ」は、木星最大の衛星であり、太陽系最大の衛星でもあります。ギリシャ神話に登場する美少年、ガニュメデスに由来します。

また「フォボス」は火星の衛星です。ギリシャ神話に登場する、恐怖の神の名前に由来します。○○恐怖症を意味する「-phobia」も、同じ語源です。

第2問

【アメリカのトランプ大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が会談を行いました。さて、この両者の会談は、今回で何回目になるでしょう。】

正解は「3回目」でした。

アメリカのトランプ大統領が、韓国と北朝鮮との間に設定されている軍事境界線(DMZ)を訪れました。

トランプ大統領はDMZを越えて北朝鮮側に入り、出迎えた北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と握手を交わしました。現職のアメリカ大統領がDMZを越えたのは、史上初となります。

その後、今度は金正恩委員長がDMZを越えて韓国側へ入り、韓国側にある「自由の家」と呼ばれる施設内で会談を行いました。会談でトランプ大統領は、金正恩委員長をホワイトハウスに招待したとのことです。

なお、米朝首脳による会談は、今年2月にベトナムのハノイで行われて以来、3回目となります。

第3問

【西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)に加盟する15か国が、共通通貨を導入することになりました。ズバリ、その通貨名は何でしょう。】

正解は「ECO」でした。

西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS:Economic Community of West African States)の首脳会議が行われ、2020年を目標に導入が予定されている共通通貨の名称が「ECO」に決定しました。

ECOは、ECOWAS加盟の15か国で導入されます。15か国とは、ベナン、ブルキナファソ、カーボヴェルデ、コートジボワール、ガンビア、ガーナ、ギニア,ギニアビサウ、リベリア、マリ、ニジェール、ナイジェリア、セネガル、シエラレオネ、トーゴです。

共通通貨の導入により、加盟国間での経済の活発化が期待されていますが、一方で加盟国内の総生産のうちおよそ2/3をナイジェリアが占めていることから、共通通貨は現実的ではないとの指摘も出ています。

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ