QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【日本の絵本としては初となる、累計発行部数700万部を超えた、松谷みよ子が文を、瀬川康男が絵を担当している、赤ちゃん絵本は何でしょう。】

正解は『いないいないばあ』でした。

11月24日付で、赤ちゃん絵本『いないいないばあ』の累計発行部数が、701万7500部となりました。

日本の絵本が700万部を達成したのは初めてのことで、文字通り「日本で1番売れている絵本」となります。

『いないいないばあ』は、児童文学作家、松谷みよ子さんが文を、絵本画家の瀬川康男さんが絵を担当する、乳児向けの絵本です。「0歳からの絵本をつくりたい」との思いで、1967年に発行されました。

誤答選択肢の『ぐりとぐら』は、中川 李枝子・作、大村 百合子・絵の作品。『ねないこだれだ』は、せなけいこ・作と絵の作品です。いずれも『いないいないばあ』と比べると、やや高い対象年齢層が設定されています。

第2問

【映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が、国内の歴代興行収入ランキングで3位に。では、国内の歴代興行収入ランキング1位の作品は何でしょう。(2020年11月24日時点)

正解は『千と千尋の神隠し』でした。

24日、10月16日公開のアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の、最新の興行収入などが発表されました。

公開から39日間で、観客動員数は1939万7589人。興行収入は、259億1704万3800円に到達しています。

これにより、日本では2014年に公開の映画『アナと雪の女王』(255億円)を超えて、国内歴代興行収入の3位となりました。

ちなみに、国内歴代興行収入の1位は『千と千尋の神隠し』の308億円、2位は『タイタニック』の262億円ですが、これらの更新も期待されています。

第3問

【自民党は、国民投票法の改正案について、今月26日に質疑と採決を行いたいと野党側に提案しました。さて、「国民投票法」とはどのような法律でしょう。】

正解は「憲法改正の、手続きを定めた法律」でした。

自民党は24日、国民投票法改正案について、26日に審議採決することを野党側に提案しました。

国民投票法とは、「日本国憲法の改正手続に関する法律」のことで、この法律は2007年に成立、2010年に施行されています。

今回の改正案では、投票の利便性向上に重きが置かれており、国政選挙(国会議員を選ぶ選挙)や地方選挙(都道府県や市区町村の議会の議員を選ぶ選挙など)と同様に、共通投票所(駅や商業施設に設置できる投票所)の設置を可能にすることなどが盛り込まれています。

誤答選択肢ですが、日本は現在、首相公選制(国民が直接、内閣総理大臣を選ぶ制度)ではありません。憲法第67条に、「内閣総理大臣は、国会議員の中から国会の議決で、これを指名する」と規定されています。

また日本では、国政選挙や地方選挙において、オンライン投票はできません

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ