カテゴリ

ログイン

問題の解説

第1問

【6日、今年の新語・流行語大賞のノミネート語が発表されました。その1つ「後悔などあろうはずがありません」は、あるスポーツ選手の引退会見での言葉です。誰の言葉でしょう。】

正解は「イチロー」でした。

6日、「2019ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート30語の発表がありました。

タピる」「上級国民」など世相を反映したものに加えて、ラグビーワールドカップ関連から「ONE TEAM」「にわかファン」など5語が選出されており、同大会の反響の大きさが伺えるものとなっています。

年間大賞およびトップテンについては、ノミネート語の中から12月2日に発表されます。

その他のノミネート語についていくつか触れておきますと、「後悔などあろうはずがありません」は、今年3月に引退したイチロー選手の、引退会見での言葉です。

おむすびころりんクレーター」は、小惑星探査機のはやぶさ2がリュウグウの表面に作った、人工クレーターの名称。

#KuToo」は、一部の職場で慣例的に、女性がハイヒールやパンプスの着用を義務付けられることに対する、抗議運動を表すハッシュタグです。

スマイリングシンデレラ/しぶこ」は、ゴルフの全英女子オープンで優勝した、渋野日向子選手の愛称になります。

第2問

【その知的財産権をすべて売却した絵本作家、エリック・カールの代表作で、ある生物が様々な食べ物を食べて成長していく1週間を描いた、絵本のタイトルは何でしょう。】

正解は『はらぺこあおむし』でした。

アメリカの絵本作家、エリック・カールが、自身の全作品に関する知的財産権を、大手出版社に売却したと報じられました。

同氏は世界的に人気の絵本作家で、『パパ、お月さまとって!』『ホットケーキできあがり!』『ごきげんななめのてんとうむし』などの代表作があります。中でも『はらぺこあおむし』は多くの言語に翻訳され、世界の累計発行部数は4400万部を超える作品です。

『はらぺこあおむし』には、ページに穴が開いていたり、ページ毎に大きさが異なるという仕掛けがありますが、このため初版発行当時(1969年)はアメリカでは印刷できず、日本で印刷・製本されたというエピソードもあります。

第3問

【京都の冬の風物詩、歌舞伎の顔見世興行でも掲げられる、「勘亭流」という書体で出演者の名前が記された看板を、何というでしょう。】

正解は「まねき」でした。

6日、京都の年末恒例行事である歌舞伎の「吉例顔見世興行」を前に、出演者を紹介する看板「まねき」を書く作業が行われました。

長さ180cm、幅30cmあるヒノキの板に、勘亭流と呼ばれる独特の書体で名前が書き込まれました。

勘亭流は、太く丸みを帯びた書体で、隙間を少なく、内へ丸く曲げるように書きます。これは、「隙間なく客を中へ呼び込めるように」との縁起がかつがれています。

選択肢ですが、いずれも「」という言葉に続けられるものを並べてみました。気づきましたか?

2

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

QuizKnock編集部 身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。 大学生ライターとは少し違った視点や内容でお届けできればと考えております。

QuizKnock編集部の記事一覧へ