カテゴリ

ログイン

こんにちは、Mimoriです。

医師国家試験は選択肢問題で行われ、点数があるボーダーより高ければ合格となります。

しかし、選択肢の中には「禁忌肢」と呼ばれるものがあり、一定数以上選んでしまうといくら点数が高くても不合格となってしまいます。「やってしまうと命に関わるミスになる」という重大な選択肢が禁忌となることが多いです。

今回は、皆さんに医師国家試験にチャレンジしてもらいます。本来は5択のところを3択で出題していますが、2問目以降の選択肢には禁忌肢が含まれています。絶対に「失敗しない」ように解いてみてください!

※なお、今回は問題を分かりやすくするため、問題文を大幅に改変しています。正確性には十分配慮していますが、100%の正確性は保障しかねますのでご留意ください。本記事を読んで不安を覚えられることがありましたら、お近くの医師に相談してください。本記事はあくまでも「クイズ」「読み物」としてお楽しみください。

※また、どの選択肢が禁忌肢であるかは、厚生労働省からの発表はありません。今回の出題で扱うものはあくまで「予備校などが禁忌と予想しているもの」「禁忌となりうるもの」としてお考えください。

東大生3人がチャレンジする動画はこちら。

この記事を書いた人

K. Mimori

慶應医学部卒。元馬術部。知っておくべき知識から意外な雑学まで、様々なジャンルの記事を扱っていきたいと思います。よろしくお願いします。

K. Mimoriの記事一覧へ