こんにちは、三守です。

突然ですが皆さんは、昔話『金太郎』のストーリーを正確に話すことができますか?以下に記した簡単なストーリーを読む前に、ご自身で思い出してみてください。

「昔々、あしがら山に、まさかりを担いだ金太郎という男の子がいました。彼はクマと相撲をとって勝つなど、力持ちな男の子でした。ある日、彼は通りがかった武士の源頼光(みなもとの・よりみつ)と出会って家来となりました。その後、金太郎は坂田金時という武士となり、鬼を退治したとさ。」

あなたが思い出したストーリー、本当に正確でしたか?

懐かしのテレビ番組『トリビアの泉』の調査によると、『金太郎』のストーリーを正確に話すことができた日本人はたったの1%だとか(ちなみに、『桃太郎』は91%、『浦島太郎』は73%の人がストーリーを正確に話せたそうです)。

そこで今回は、タイトルは知っているけど、意外とストーリーが思い出せない昔話や童話のオチに関するクイズを出題したいと思います。

当然ですが、ネタバレがたっぷりと含まれていますよ!それではどうぞ。

この記事を書いた人

K. Mimori

慶應医学部卒。元馬術部。知っておくべき知識から意外な雑学まで、様々なジャンルの記事を扱っていきたいと思います。よろしくお願いします。

K. Mimoriの記事一覧へ

連載企画