QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

2010年の今日この日、ある探査機の帰還に日本中が沸いていました。

それは、小惑星探査機「はやぶさ」

度重なるトラブルに見舞われながらも、7年もの長い旅路を経て無事に帰ってきたはやぶさ。困難を乗り越え偉業を成し遂げた技術者たちの情熱に、多くの人が心を打たれました。

今回はそんな「はやぶさ」が帰還した日にちなんで、宇宙にまつわる記事を集めました。さあ、クイズで地球から広大な宇宙に飛び出していきましょう!

まずはおとなり、月をマスター!(地球との距離:約38万km)

ずいぶんと見慣れている月ですが、実はどうしても地球からは見えないものがあります。

それは「月の裏側」。月の公転と自転の周期が同じであるために、地球からは月の同じ面しか見ることができません。

じゃあ、月の裏側には何があるの? 正解はこちらの記事で!

宇宙へ飛び出そう!日本の宇宙飛行士をマスター

日本人として初めて宇宙に行った秋山豊寛とよひろさん。

意外なのは彼の職業ですが、もっと意外だったのは宇宙から中継された最初の一言でした。

これ、〇〇ですか?」 答えはクイズの解説で!

太陽ってどうして燃えてるの?(地球との距離:約1億5000万km)

中学の理科の授業で、「ものが燃えるには酸素が必要」と習いました。

あれ、宇宙って真空でしたよね?

太陽ってどうやって燃えているの……? こちらの記事でサクッと解説しています。

ブラックホールって何なの?(太陽系との距離:最短で約9500兆km)

ブラックホールってよく聞くけど、一体なに?

こちらの記事ではブラックホールの正体や、ものがすいこまれていく原理を解説しています。

事象の地平面(イベント・ホライズン)」という、かっこいい用語が登場。いつか使いたい……。

旅の終わり 地球から空を見上げよう

地球を飛び出してブラックホールまで行ってしまいましたが、なんとか帰ってきました。

地球から見ることができるのは、夜空に広がる星空。

星占いでもおなじみの星座ですが、実は全部で88個あるって知っていましたか?

宇宙全体から俯瞰すると、太陽系は小さな小さな点でしかありません。そんな途方もない世界に、人類は挑み続けてきました。

冒頭に紹介した「はやぶさ」プロジェクトの情熱は、「はやぶさ2」に受け継がれました。はやぶさ2は、昨年(2020年)に小惑星「リュウグウ」のサンプルリターンを終え、今は次なる目標天体(1998KY26)に向けて宇宙空間を進んでいます。到着するのは2031年予定。新たな発見がもたらされるのが楽しみです。

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ