今回のテーマは一流企業の入社試験にも出題されるというフェルミ推定です。

フェルミ推定とは、直接数字を調べるのではなく、いくつかのデータを論理的に組み合わせて計算しておおよその値を求める方法のことです。

詳しい解説はこちらから↓

今回はとても大きな数字が答えになる難問をご用意しました。何桁なのかを当てられれば正解とします。

適当に答えるのではなく、知識・実体験から数字を引き出して、論理的に計算してください!

解説では東大生が解いた時の回答例を紹介しています。

東大生が計算するとこんな感じ↓

この記事を書いた人

福良拳

東工大の福良拳(ふくら・けん)です。とにかく分かりやすさ命で記事を書いていきます。よろしくお願いします。

福良拳の記事一覧へ

連載企画