中学・高校時代、何かに熱中することが少なく、ほとんど小説も読まなかった私にとって、太宰治は珍しく全集を読むなどしてハマった作家だった。

太宰治の作品は、同一作者とは思えないほどバリエーションに富んでいる。ユーモアに富みテンションが高い作品があるかと思うと、鬱々と暗く世界の全てに絶望したような作品もある。私は、太宰作品を「元気な太宰」「鬱太宰」に勝手に分けていた。しかし、どの作品でも、独特のリズミカルでたたみかけるような文体は一貫していて、まことに不思議な作家だと思う。

そんな太宰の作品を、彼の人生を交えつつ振り返る。

この記事を書いた人

豊岡

東大クイズ研究会OBのライターです。画像はブータン料理「エマダツィ」です。日本なら福岡ソフトバンクホークス、アメリカならオークランド・アスレティックスのファンです。日常生活では誰にしゃべっていいのか分からずお蔵入りになるタイプの感動を、少しでも記事に落とし込んでいけたらと思います。よろしくお願いします。

豊岡の記事一覧へ

連載企画