こんにちは、服部です。

先月20日に、科学雑誌『Newton(ニュートン)』を発行している会社「ニュートンプレス」が民事再生手続の開始を申し立てたと発表され、話題となったのはご存知でしょうか。

知っておきたい基礎知識から最新の発見まで、科学の情報をわかりやすく解説してくれる『Newton』は、多くのファンを抱えていました。

それだけに、この「民事再生手続の申し立て」のニュースはあちこちに波紋を呼んでいます。メディアの在り方が多様化して、出版業界も苦戦を強いられているのでしょう。

ところで、「民事再生」とはいったい何でしょうか? ニュースでは「倒産」「破産」「民事再生」「会社更生」といった似た言葉が入り乱れるように使われて、非常にわかりにくいです。

今回はこれらの「会社の破綻に関する用語」を、「ニュートン」ばりにわかりやすく解説できたら、と思います。

というわけで、早速なんですがクイズにいってみましょう。

出題した企業はどれも、いわゆる「経営破綻」の状態に陥りました。誰もが知るような有名企業も破綻してしまうことがあるのですね。

では、破綻してからの選択肢「破産」「民事再生」「会社更生」の違いはいったい何なのでしょうか。

次ページで詳しく解説していきます。

1

この記事を書いた人

Kosuke Hattori

東大経済学部4年・クイズ研究会所属の服部と申します。知識も経験もまだまだ浅い青二才ではありますが、学びと発見への新たな入口の1つとしてお手伝いできればと思います。よろしくお願いいたします。

Kosuke Hattoriの記事一覧へ

連載企画