こんにちは、豊岡です。

今回は「10問でマスター」です。1つのテーマに沿ったクイズが10問出題され、それを積み重ねることで数多くのテーマをマスターしよう! という企画です。

第6弾となる今回のテーマは「発明・発明家」

画期的な発明は、生活を便利にするだけではありません。ライフスタイルや社会制度を根本から変えます。我々の周りにある何気ない生活用品も、ちょっと掘り下げてみると、1つ1つにそうした驚くべき独創と変革の歴史が隠されています。

現代の生活に欠かせないモノの発明や、エポックメイキングな発明を中心に、10問クイズを作成しました。ではどうぞ。

こうしてクイズを作って実感しましたが、1つのモノが発明されるまでには多くの研究が複雑に関わっており、「発明者」を1人の個人に限定することは難しいです。また個人の努力に加え、周囲の環境も必要です。科学の営みが分業化・組織化された現代ではなおさらです。

「発明家が突然現れヒーローとして活躍する」というイメージよりも、「人類の発明の営み全体を、社会が支えかつ利用する」というイメージが正確なのかもしれません。

過去の「10マス」はこちらへどうぞ。

この記事を書いた人

豊岡

東大クイズ研究会OBのライターです。画像はブータン料理「エマダツィ」です。日本なら福岡ソフトバンクホークス、アメリカならオークランド・アスレティックスのファンです。日常生活では誰にしゃべっていいのか分からずお蔵入りになるタイプの感動を、少しでも記事に落とし込んでいけたらと思います。よろしくお願いします。

豊岡の記事一覧へ

連載企画