QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

④元気なガールズバンド名もいい感じでヤバい

最近のヤバい名前ガールズバンドの音楽が音楽関係の記事で語られる時、だいたい「女子の実情を赤裸々に歌った」なーんて書いてあります。
好みの分かれるところはあると思いますが、その系統の曲を歌っているバンドは、名前もだいたい赤裸々でアナーキー。

問題に取り上げた「チャラン・ポ・ランタン」も、ボーカルとアコーディオンという構成からは考えられない、砕けた歌詞の曲を歌います。

メジャーになってきたところで行くと、赤い公園ねごとSHISHAMOあたりも最初は「なんだこのバンド名!」タイプだったはず。

ネクストブレイク的なバンド名(「ネクストブレイクバンド」ではない)は、やはり「Su凸ko D凹koi」でしょうか。
読み方は「スットコドッコイ」。曲はまさに「女子の実情を赤裸々に歌った」感じ。SHISHAMOより少し歳が上なイメージの歌詞です。

Su凸ko D凹koiと名前でバトれそうなのは、
yonige
キノコホテル
虚弱。

くらいかなぁ。前に上げたOOIOOもガールズバンドですね。あまりにも見つからなくって渋谷のツタヤでカンニングしました。

⑤ソロのアーティストも強い! 個人名とは思えない名前群

ソロのアーティストも、勝手に自分で決められる分、ヤバさが滲み出がちです。
最近のメジャーどころだとやはり大橋トリオ。ソロなのにトリオ。勝手です。

選択肢に挙げた大正九年はソロテクノユニットなのに年号。The 1975と同じノリですがこっちは元号です。

冨田ラボの本業は音楽プロデューサー。キリンジのプロデュースで注目され、自身プロデュースのソロアルバムが人気です。

オノマトペ大臣はラッパー。tofubeats「水星 feat.オノマトペ大臣」がテレビでよく聴く定番のナンバーとなりました。

日本語ラッパーも逸材がいっぱい。オールドなところだとラッパ我リヤ山田マンが強い。
Do The GARIYA Thing」での「山田マン参上/また波乱万丈/シャバは半狂乱/だからなんざんしょう」「粋な図らい込め言葉ばら撒き大空に羽ばたいてくような山田氏」は日本語ラップを代表するパンチラインです。

その他ですと、鎮座DOPENESS鋼田テフロンあたりが最近有名ですね。剣桃太郎もよく考えたら丸々拝借なアーティスト名です。ラッパーは無限に出てくるのでこんなところで。

最近CMソング『よー、そこの若いの』でもおなじみの竹原ピストルも、わりかし自由な名前です。かつて組んでいた「野狐禅」も読めないバンド名として有名でした。「やこぜん」と読んで、邪道の禅を指す言葉だそうです。

竹原と同じ弾き語り系のアーティスト自体、最近注目が高まっており、当然ヤバい名前も登場しています。
オススメできそうなのはにゃんぞぬデシ細身のシャイボーイ。名前に負けず劣らず、中身もヤバめです。

その他にソロのアーティストで挙げるとすれば、
LOW IQ 01
リバーシブル吉岡
U-zhaan
やけのはら

などがソロにしては比較的ヤバめです。もう感覚が麻痺してきてますね。

ちなみに、選択肢で挙げた「映画で見た少女」はれっきとしたバンドの名前。「初恋の嵐」を思い出させる、甘酸っぱめのバンド名ですね。


ということで長々見てきました「ヤバい」バンド名。お楽しみいただけましたか?

是非1度、じっくりリンクの音楽を聴いてみてください。「ここに載ってるやつイッパイ知ってたよ!」「もっとこんなのがあるよ!」自慢もバリバリしてください。コレクションする楽しみも音楽の魅力のひとつですし。
ではまた~。

4

この記事を書いた人

伊沢拓司

QuizKnockCEO、発起人/東大経済学部卒、大学院中退。「クイズで知った面白い事」「クイズで出会った面白い人」をもっと広げたい! と思いスタートしました。高校生クイズ2連覇という肩書で、有難いことにテレビ等への出演機会を頂いてます。記事は「丁寧でカルトだが親しめる」が目標です。

伊沢拓司の記事一覧へ