QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

高校生に戻りたい!

そう思ったことはありませんか? すでに高校を卒業していたとしても、またあの生活をやってみたい。青春とやらをもう一度。そんな気持ちになることも時にはあるかもしれません。

これは確かに現実逃避です。でも、本当に戻ることはできないのでしょうか? 

高校に再入学は可能


結論から言うと、高校への再入学は可能です。

文部科学省のHPによると、一度高校を卒業しても、別の高校に入学することは可能です。基本的に、中学を卒業した(もしくはそれと同等の資格を持った)人なら、入学試験をパスすれば誰でも高校には入学できます

考えてみれば、普通科の高校を卒業した後で、農家になるため農業高校に入学したい、という人がいる可能性は十分にあります。高校への再入学は、そんなときのための制度といえます。つまり、「もう一度高校生活を送ってみたい!」という人のための制度ではないようですね。当然です。

海外の学校を卒業した場合


ちなみに、海外の学校で中等教育にあたる課程を修了した場合も、同じく高校入学資格が得られますが、日本で高校に入れるのは、その年度に満16歳以上になる人のみ(それより若い人は中学に通わねばならないため)。海外で飛び級して大学を卒業した後に、日本の高校に入れない、という可能性もあるわけです。

私の好きなミステリ漫画に、加藤元浩先生の『Q.E.D.』と『C.M.B.』があります。

『Q.E.D.』の主人公・燈馬想とうまそう15歳でアメリカのマサチューセッツ工科大学を卒業した後、高校生活を送るために日本の高校に再入学しています。これは、現実の制度でも実現可能な進路です。

逆に、『C.M.B.』の主人公・榊森羅さかきしんら15歳未満ですが、学力を保証されて高校に入学しました。この例は、上述のように年齢制限があるため、現在の制度では実現は不可能です。

まとめ


以上、高校の再入学の制度について解説しました。「中学卒業(と同等の)資格を持つ、入学年に満16歳以上になる人」なら、一度高校を卒業したかにかかわらず、高校に通うことができます。

現実逃避ではなく、学び直したくなったという人は、この制度を活用する機会もあるかもしれません。

この記事を書いた人

山上 大喜

東京大学の山上大喜です。大学では心理学を専攻しています。 クイズをしていない人にも面白い記事・クイズを作れるよう勉強中です。よろしくお願いします!

山上 大喜の記事一覧へ