カテゴリ

ログイン

コジマです。

痩せなきゃモテない、そう思ってはいないだろうか。

しかし、物理学の観点からは、体重が重ければ重いほど意中の人を引き付けられるのだ!

ニュートンとリンゴの話

あらゆる物体は、他の物体に引き寄せる力を及ぼす。有名な「万有引力の法則」である。

万有引力の法則を発見したアイザック・ニュートンは、リンゴが地面に落ちる様子を見てこの法則を思いついたという伝説をもつ。パッと読んだだけだと「それはそうだろ」と思ってしまうが、実は結構深い意味をもっている。

月=リンゴ?

地球とリンゴの関係を見ると、地球が一方的にリンゴを引っ張っているように見える。

しかし見方を変えて、地球と月だとどうなるだろう。リンゴも月も、大きさや距離が異なるだけで地球視点で見れば変わらない

月が地球の周りを回っているとして、仮に地球が月に引っ張る力をはたらかせていなかったら、月は地球を離れて吹っ飛んでいく。つまり、地球は確実に月を引っ張っていることになる。

同じことは太陽と地球の関係にもいえて、地球は太陽の周りを回っているのだから、太陽は地球を引っ張っていないとおかしい。つまり、地球は月を引っ張る存在であり、太陽に引っ張られる存在な訳だ。

引力は何にでもあることにしよう

ここで月のことを考えてみると、太陽も地球も他者を引っ張る力をもつのに、月にその力はないのだろうか?あえて月を例外視するよりも、「あらゆる天体は他の天体を引きつける」という法則を定めてしまったほうが収まりがいいことが分かると思う。この「引きつける力」が「引力」だ。

「太陽にも地球にもある引力は月にもあるのでは?」という発想を、「太陽にも地球にも月にもある引力はリンゴにもあるのでは?」と拡張してしまうのが「万有引力」の考え方。月もリンゴも力学では同じだよね、という視点の転換がこの逸話のキモである。

地球だけがリンゴを引っ張っている(上)のではなく、リンゴも地球を引っ張り返している(下)

体重が2倍なら引力も2倍!

この世のあらゆる物体は他の物体を引きつける。人間も例外ではなく、人と人の間には物理的に見えない力がはたらいている。

同じ物体にはたらく万有引力の大きさは、自分の質量に比例し、自分とその物体の距離の2乗に反比例する。従って、例えば体重100kgの人は、体重50kgの人の2倍の力で他の人を引きつけることができるのだ。

太っているからといって落ち込んではいけない。あの人を引きつける力はアイツの2倍だ。

この記事を書いた人

コジマ

京都大学大学院情報学研究科2回/Twitter→@KojimaQK

コジマの記事一覧へ