QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

こんにちは、オグラです。

子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥。これを見ると多くの日本人は、ね、うし、とら、……と読むことができます。

しかし、よくよく考えてみると、これはおかしなことです。十二支の動物たちを表す漢字はこちらのほうが一般的なはずです。

鼠牛虎兎龍蛇馬羊猿鶏犬猪。

なぜ子どもの子がねずみを指し、未然の未がひつじを指すのでしょう? どうして別の漢字を使っているのでしょうか?

もともとあった12の漢字に動物が当てはめられた

十二支の起源

十二支は、実在が明らかな中国最古の王朝、殷の時代には既に使われていました。これは約4000年前、日本は縄文時代のころの話で、古すぎて実のところ詳しいことは分かっていません。

発掘された殷墟(殷の時代の遺跡)から見つかった甲骨文字には十二支の漢字のもととなった字が刻まれており、循環する順序を表すのに用いられていたと考えられています。子の次は丑、丑の次は寅、……、亥の次は最初に戻って子、といった具合です。これは特に1年の12ヶ月を表すのに用いられました。

覚えやすいよう、動物があてはめられた

殷の時代の十二支は動物とは対応していませんでした。子の字にはねずみという意味はなく、単なる12個のうちの1番目という意味だったのです。十二支に動物名が与えられたのは殷の時代から何百年も後、戦国時代から漢の時代ごろだと考えられています。

つまり、十二支の動物たちが先に決まっていてそれを文字で表したのではなく、十二支の文字があってそこに動物の意味を後づけしたのです。動物を表す鼠のような別の漢字があるのはこのためです。

無学な庶民にも理解させるため

十二支は、天文学での星の位置や、暦での年や月、時刻などを示すものとして使われていましたが、知っていたのは上流階級や専門家だけでした。しかし、時代が下ると、権力者が下々の者に命令を下しやすいように、無学な庶民にも暦に使われる十二支を理解させる必要に迫られました

そこで身近な動物の名前をつけて対応させることで覚えやすく、また分かりやすくしたのです。これには中国の西方、バビロニアの天文学の影響を指摘する説もあります。

わからないことも多い

動物名が与えられたのも、今から約2千年も前の話で、資料が限られているため、なぜ子にねずみが当てられたのかなど、十二支に属する動物はどのように選ばれたのかはほとんど分かっていません

子や丑などの文字がもともと殷の時代にどんな意味であったのかも謎に包まれています。様々な解釈は試みられていて、植物の成長過程であるとか、幼児の成長過程などの説明はありますが、想像の域を出ません。

これらの疑問がとけるには画期的な発見か、はたまたタイムマシンを待つほかないでしょう。

参考文献

  • 水上静夫(1998)『干支の漢字学』大修館書店

この記事を書いた人

オグラサトシ

東京大学経済学部金融学科4年の小倉です。浅学非才の身ではありますが、皆様に珠玉のクイズをお届けしていきたいです。東大クイズ研究会に所属。北海道出身。

オグラサトシの記事一覧へ