カテゴリ

ログイン

こんにちは、1758です。

皆さんは年齢を尋ねられたとき、どう返しますか? 多くの方は迷わず満年齢を答えるかと思います。

あまり想像がつかないかもしれませんが、年配の方の中には数え年を言う方もいらっしゃるはずです。

数え年とは、生まれた年を1歳とし、以降年が変わる(元日になる)たびに1ずつ加えていくもの。名前くらいは聞いたことがあっても、何のために存在しているのか、正直よく分かりませんよね。

厄年は数え年で計算する

数え年を最も身近に感じられるのは、おそらく厄年の計算でしょう。

最も重いとされる「大厄」(男性42歳・女性33歳)を迎える方は、何となく不安な気持ちを抱えているかもしれませんね。

2020年の場合、大厄にあたるのが1979年生まれの男性と1988年生まれの女性。そう、単純に満年齢で計算すると1年のずれが生まれてしまいます

2020年の女性の厄年。年齢はすべて数え年で書かれている。赤字は大厄。
2020年の男性の厄年。年齢はすべて数え年で書かれている。赤字は大厄。

昔は数え年の方が便利だった

日本で古来より普及していたのは、満年齢ではなく数え年でした。諸説ありますが、最大の要因は太陰太陽暦(旧暦)が採用されていたことだと考えられます。

月の満ち欠けをベースにした太陰太陽暦では、約3年に1度という不規則な周期で「うるう月」が設けられます。つまり、うるう月に生まれた人にとっては誕生日が存在しない年も出てくるわけです。満年齢を計算しようにも、これではどうしようもありません。

※8年に3度、19年に7度など様々な方式で設けられた

「毎年1ずつ年齢が増えていく方が分かりやすい」という事情から、かつては数え年が広く浸透していたのです。

七五三などの伝統行事も、本来は数え年に従って執り行うものでした。現在は満年齢、数え年のどちらでも問題ないとされています。

人が亡くなって2年目の法要を「三回忌」というのも、数え年に由来しています。

「早生まれ」の謎

早生まれという言葉。ご存知の通り、1月1日から4月1日までに生まれた人を指します。(学年の始まりが「4月2日」である理由についてはこちら

「早」生まれといいながら、同じ学年の中では誕生日が遅い方じゃないか、と疑問に思っていた方も多いのでは?

ここにも、数え年の考え方が反映されています。小学校入学の時点で、4月1日より誕生日が早い人は数えで7歳。それ以降の人は8歳です。

「他のみんなが8歳になってから入学する中で、1歳早く入学する」という意味合いから「早生まれ」という呼称が生まれたのです。

おわりに

日本で満年齢が普及したのは第二次大戦後だといわれています。太陰太陽暦から現行の太陽暦(グレゴリオ暦)への移行は明治維新の際に行われましたが、それ以降も慣習的に数え年が使用されていた、というのが実情のようです。

太古の遺産のようにも感じる「数え年」が、20世紀半ばまでごく普通に使われていたという事実は少々意外にも思えます。あなたの身近なところにも、その名残が潜んでいるかもしれませんよ。

参考文献

『日本大百科全書(ニッポニカ)』

この記事を書いた人

1758

西日本の某所でクイズをしています。「さくっと読めて、役に立つ」記事を目指して勉強中です。よろしくお願いします。

1758の記事一覧へ