QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

こんにちは、です。

ふふふ、この記事を開いている読者の皆さん。「思う壺」が気になっちゃいました?

まさに、僕の思う壺ですね!!!

というわけで、今回は「気になることば」第8回です。

「『思う壺』の『壺』ってどんな壺?」というテーマでお送りします。


漫画やアニメで、頭のキレるキャラがよく「闇雲に突撃しても、敵の思う壺だぞ」みたいなことを言ってますよね。

辞書を引いてみると、「思う壺」はこんな意味です。

意図した状態。たくらんだとおり。

なるほど、意味はわかる。でも待って。

壺???

壺ってなんだ。丸っぽくて水とかを入れておくアレ?

イメージ

なんでそれがこんな意味になるの? 全然わからん。

というわけで、壺が気になって漫画もおちおち読めなくなってしまった僕は、「思う壺」の語源を調べてみることにしました。

「思う壺」の語源は博打!?

博打にはさまざまな種類があります。例えば、福本伸行先生の『アカギ』を読んだことがあれば、手本引きという博打をご存知かと思います。

思う壺の語源になった博打は、丁半博打というものです。丁半博打とは、壺振り(ディーラー)が、2つのサイコロを振り、出目の合計が偶数(丁)か奇数(半)かを当てるという博打です。

「壺振り」という名前からもわかる通り、丁半博打ではサイコロを「壺」の中に入れて振り、そのあと壺を開き、出目を確かめるのです。

イメージ

腕のいい壺振りは、なんと力加減の調整でサイコロの出目を操作して、丁か半かを自在に操ることができるのだそう。ここから生まれた言葉が、「思う壺」だったのです。

現在は、「相手の思う壺」のように使って、「騙された」というニュアンスが強い言葉ですよね。確かに、丁半博打に興じる人たちは、必死に丁か半かを予想するのですが、まさに壺振りの「思う壺」だったわけですね。

ちなみに笑いの「ツボ」は別のツボ

笑いのツボは「エピソードや外見などの刺激が、笑いを強く呼び起こす」いう意味ですが、こちらはまた別のツボ。

これは、鍼灸において鍼を打ったり灸をすえたりする「ツボ(=経穴)」から転じたものです。


いかがでしたか?

身近な言葉には、日本古来の文化や意外な語源が隠れていることが多いです。皆さんも、「なんだこれ?」という感覚を大事に、気になったらたくさん調べてくださいね。

「気になることば」では、読者のみなさんの「気になることば」も紹介していきます。気になっている言葉・調べたら面白かった言葉・調べてもよくわからない言葉などを、#QK気になることば で教えてください。

過去の「気になることば」はこちらからどうぞ。

参考文献

この記事を書いた人

東京大学経済学部経営学科4年の乾です。好きなものはラーメンと猫です。記事を通して、知らないことを知る「楽しさ」を提供できたらいいなと思います。

乾の記事一覧へ