2017年初の記事となります、今年もよろしくお願いします。豊岡です。

年末年始は、数々の特別番組があったようですが、私が好きなメジャーリーグの試合中継がありませんでした。冬なので当然ですね。

 仕方がないので、大型トレードや大物FA選手の契約など、選手の移籍情報が来るのを楽しみに過ごしていました。

 青木宣親や川崎宗則など、日本人選手もそれぞれに動きました。そんな中、レッドソックスからFAとなっていたリリーフ投手・田澤純一が、マイアミ・マーリンズへ移籍することになりました。マーリンズに所属する日本人選手は、イチローに続いて2人目となります。

イチローのおかげで、国内での露出機会が急増したマーリンズ。3000本安打のため試合を見ているうち、いつの間にか他の選手の名前を覚えてしまった方も多いでしょう。3000本安打が達成され、来年以降チームに対する注目度が下がるだろうと思っていたのですが、田澤の加入で多少は注目が維持されることでしょう。試合放映の数もゼロにはならないでしょう。

イチローの3000本安打を無事目撃した皆さんは、せっかくなのでこの機会を利用して、マーリンズというチーム全体を追いかけてみるのもいいかもしれません。というのも、マーリンズは非常にキャラクターの立った、予測不能で一筋縄ではいかない「クセ者」の球団だからです。所属している日本人選手の応援ついでに、手を伸ばすだけの価値があると思います。

この記事では、マイアミ・マーリンズの歴史と現在、田澤を獲得するに至った背景、そして来シーズン以降の展望について、私なりにクイズを交えつつ解説していきたいと思います。

ここまで長い間お読みくださった皆様、ありがとうございました。少し気が早いトピックでしたが、2017年シーズンの開幕までゆっくり待ちましょう。

サムネイル画像 Via m.marlins.mlb.com

この記事を書いた人

豊岡

東大クイズ研究会OBのライターです。画像はブータン料理「エマダツィ」です。日本なら福岡ソフトバンクホークス、アメリカならオークランド・アスレティックスのファンです。日常生活では誰にしゃべっていいのか分からずお蔵入りになるタイプの感動を、少しでも記事に落とし込んでいけたらと思います。よろしくお願いします。

豊岡の記事一覧へ

連載企画