カテゴリ

ログイン

こんにちは、小林です。

TVや新聞などでニュースを見ていると、本来は漢字で書かれるはずの熟語の一部が、ひらがなになっている、ということがよくありますよね(「隠ぺい」や「ち密」などがその例です)。

この現象は「交ぜ書き」と呼ばれているのですが、なぜこのようなことが起こるのでしょうか?

実は、TVや新聞などのメディアで使うことができる漢字は、法令によって範囲が制限されているのです。「隠ぺい」の「ぺい」や「ち密」の「ち」は、その範囲から外れているために、メディアではひらがなで書かざるを得ないんですね。

今回は、そんな交ぜ書きされている熟語から問題を出します。メディアで使用できる漢字の範囲から外れているぶん、難しい漢字が多いですが、チャレンジしてみましょう!

この記事を書いた人

小林 逸人

下の名前は「はやと」と読みます。東大文学部に在学中です。広くことばに興味があり、特に漢字に人生の大部分を捧げています。「内容は親切に、文章はスマートに」を目指して、皆様に記事をお届けしたいと思います。東大クイズ研究会に所属。

小林 逸人の記事一覧へ