カテゴリ

ログイン

<前回までのあらすじ>

カクテルの知識なら右に出るもののいない若手サラリーマン、角田輝蔵(かくたてるぞう)。 さっそく新入社員のサヤカちゃんを誘い、いきつけのカクテルバーに誘い出した。

「さて、今宵も視界がシェイクするほど俺の知識で酔わせてやるぜ……!」 いま、最高の夜が始まる。

角田「まず最初はアペリティフだったね……ってあれ? サヤカちゃんどこ?」

サヤカ「ふ~おいしかったです!あっちにダンディなガイジンさんがいたので、仲良しになってました! 角田さんのチョイスしたカクテル、ガイジンさんにもgood!って言われてましたよ~」

角田「確かに!よく考えたら3問目くらいから解説の時だけ消えてたよね!オーダーの時だけここにきてたのか!オーマイゴッドファーザー!(カクテルギャグ)」

角田「ああっ、この記事を読んでおけばこんなミスを犯すこともなかったのに!」

この記事を書いた人

伊沢拓司

QuizKnockCEO、発起人/東大経済学部卒、大学院中退。「クイズで知った面白い事」「クイズで出会った面白い人」をもっと広げたい! と思いスタートしました。高校生クイズ2連覇という肩書で、有難いことにテレビ等への出演機会を頂いてます。記事は「丁寧でカルトだが親しめる」が目標です。

伊沢拓司の記事一覧へ