【誤用すると大変】「妙齢の女性」って50代?20代?

皆さんは「妙齢の婦人」と聞くと、何歳くらいの女性を思い浮かべるでしょうか? もしかしたら、あなたのイメージは間違っているかもしれません。

なんとなく「おばさん」というイメージを持たれがちな「妙齢」という表現。実は真逆で、「若い女性」を指すものなのです。

「妙」=「若い」

「妙齢」を辞書で引いてみましょう。デジタル大辞泉には、以下のようにあります。

《「妙」は若い意》若い年ごろ。特に、女性の若い年ごろ。妙年。

このように、「妙齢」は確かに若い女性を指すようです。「妙」という漢字には「若い」という意味があるんですね。

では、何故「妙齢」に「おばさん」というイメージがついてしまったのでしょうか? 考えてみましょう。

何故勘違い?

ひとつは、「妙」という字のもつニュアンスです。「妙」という字が使われる代表的な言葉といえば「微妙」ではないでしょうか。この「微妙」と「若い女性」という意味がうまく結びつかず、勘違いしてしまうのかもしれません。

もうひとつは、「妙齢の婦人」の「婦人」の部分。「婦人」は現在では「成人女性」という意味ですが、「結婚している女性」(=夫人)という意味と混同してしまい、「若い女性」と結びつかないのかもしれません。

どうして勘違いしてしまうのかはハッキリとはしませんが、とにかく「妙齢の婦人」が若い女性であることは確かです。小説などに出てきた際には、間違えずにイメージしてくださいね。

東大文学部、東大クイズ研のカワカミです。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。