カテゴリ

ログイン

どうも、カワカミです。

昨日に引き続き、灘中入試から問題をピックアップ! 小学生と対決してみましょう。

 

今回は【国語編】。前回、灘中入試の合否を分けるのは算数ができるかどうかだ、と言いましたが、国語も500点中200点を占めています。4割をまるまる捨てていては受かるわけがありません。

灘中の国語について、特筆すべきは1日目の後半。慣用句や外来語など、語彙力を試す問題のほか、俳句や短歌も頻出。何がいつの季語なのか、をひたすら対策した覚えがあります。

そして何より面白いのが、漢字パズル。知識だけではなく、ひらめきも重要になってきます。勿論、制限時間もありますから、なかなか厳しいところです。

数々のパズルの中から、今回は有名なものを。空欄に漢字1文字を入れて、熟語を4つ作るパズル。謎解き界隈やパズル界隈では「和同開珎」と呼ばれています。

和同開珎。たしかに似てる。 和同開珎。たしかに似てる。

まずは例題です。空欄に漢字1字を入れてください。(2009年・1日目第6問)

kanji_q_1

 

 

……どうですか? 分かりましたか?

 

 

答えは「出」。

支出・退出・出口・出席と、4つの熟語ができましたね。

 

和同開珎パズルを解くときには、

・難しい(珍しい)漢字から攻める。

・音読みだけでなく、訓読みも考える。

のが鉄則。

今回は「席」あたりから攻めると、分かりやすかったかもしれません。

 

それでは、ここからが本番です。目安は、1問30秒。自信の無い人は1分かけても構いません。あなたは、小学生に勝てますか?

どうでしたか? 全問解けましたか?

この場では何分でも悩んでいられますが、入試本番はそういうわけにもいきません。1日目の国語は、たった40分しかありません。必要なのは満点ではなく合格点ですから、思いつかなければ諦めて他の問題に挑むことも大切です。テストにおいては、知識や論理力だけではなく、戦術も重要ですね。

和同開珎 / Via https://ja.wikipedia.org/

この記事を書いた人

カワカミタクロウ

東大文学部、東大クイズ研のカワカミです。分かりやすく、読みやすい記事を書いていきたいと思っています。よろしくお願いします。

カワカミタクロウの記事一覧へ