お疲れ様であります、柳野とうふです。

皆様、「なぞなぞ」はお得意でしょうか。
  「なぞなぞ」というと知識を問うような「クイズ」とは違ってだいぶファジーな、自由な感じがしますけれども、内容にはいくらか「型」がありますね。「ものを別のものに見立てる」もの(例:上は大水、下は大火事、これなんだ?→お風呂)なんかはメジャーな型であります。
 もう一つメジャーななぞなぞの型としては、「言葉遊び」がありますね。「例:パンはパンでも食べられないパンは?→フライパン(もちろんこの問題はべらぼうな数別解がありますが)」みたいなものが典型的だと思います。答えの単語を、同じ読み方の別のものに読み替えるのですね。

さて、今回はこの「言葉遊び」型のなぞなぞをいくらか考えてみました。
ただなぞなぞを作っても面白くないので、「知識を問うクイズ」のメディアらしく、ちょっと専門的な知識を題材にしています。私は文系で育ってきましたので、そういった内容を答えにしておりまして、あまり文系の事柄に触れていない方にはちょっとキビしいかもしれないですね。

即答されないような問題を考えたつもりですので、ぜひ解いてみてください。 直接答えを書くと丸わかりなので、解答はなんとなーくぼかした書き方がしてあります。なぞなぞの答えが当てはまる選択肢を選んでくださいね。それではどうぞ。

こういった言葉遊びが好きだったらきっと下記の記事も気に入ってもらえるんじゃないかと思いますよ。それでは。

この記事を書いた人

柳野とうふ

東大で美術史学を専攻している東京大学OBです。マンガとか専門の本とかを読んでるときに「知らない単語」に出会った感動を共有したいがためにクイズを作ってるところが多分にあります。絵は見るのも描くのも好きです。

柳野とうふの記事一覧へ

連載企画