こんにちは、1758です。

今月(2019年4月)9日、2024年度から発行される新しい日本銀行券のデザインが発表されました。

世界のお札の中で初めて、肖像の立体画像が回転する3Dホログラムの技術が導入されます。また、目の不自由な方でも識別しやすいよう、手触りを改善する方針も打ち出されています。

そして、何といっても最大の注目はお札の「顔」、肖像画に描かれる人物でしょう。

新紙幣一覧 / Via 財務省ウェブサイト
  • 1000円札 表:北里柴三郎 裏:「神奈川沖浪裏」(葛飾北斎)
  • 5000円札 表:津田梅子 裏:藤
  • 1万円札 表:渋沢栄一 裏:東京駅丸の内駅舎

日本史の授業で名前くらいは聞いたことがあるけど、何をした人かまではよく知らない……という方も多いのではないでしょうか。

5年後からは毎日のように目にすることになる肖像の人物たち。ひと足先に、知識を蓄えておきましょう!

サムネイル画像 / Via 財務省ウェブサイト(一部加工)

この記事を書いた人

1758

西日本の某所でクイズをしています。「さくっと読めて、役に立つ」記事を目指して勉強中です。よろしくお願いします。

1758の記事一覧へ

連載企画