QuizKnock

アプリで記事をもっと見やすく

インストールする

カテゴリ

ログイン

QuizKnockライターになりませんか?

こんにちは、QuizKnock編集部です。

QuizKnockは「楽しいから始まる学び」というテーマに日々向き合い、コンテンツを発信しているチームです。 その中で、Webメディア・QuizKnockでは、様々な情報をクイズで届ける記事や、素朴なギモンを解説するコラムなどを発信しています。

今回はそんなWebメディア・QuizKnockで、記事を執筆するライターを募集します。

ライターを公募する理由は下記2点です。
1. 大学・大学院の卒業に伴う、卒業ライターの定期補充
2. 今まで発信できていなかった分野の強化

特に力を入れたいのが「2. 今まで発信できていなかった分野の強化」です。
Webメディア・QuizKnockでは、在籍しているライターの得意分野に依存してしまうという課題があります。 そこで現メンバーでカバーしきれていない分野に精通するライターを、広く募集します。

QuizKnockライターの仕事は、自分で企画をイチから考え、かたちにすることです。
それらを楽しんで取り組める人、また活動を通して「成長」する努力ができる人を求めています。

ぜひ一緒に「楽しいから始まる学び」を発信しましょう。

募集職種

ライター

業務内容

webメディア「QuizKnock」における記事の執筆など
(クイズ記事やコラム記事の執筆)

応募資格

下記①〜③を全て満たしている方
①2021年2月現在、現役大学生・大学院生、高専4,5年生である
②2021年4月以降も学生である
③2021年4月から勤務可能な方(1ヶ月に1記事以上を執筆可能な方)

応募条件

・記事執筆環境が整っている(※PCの貸与等は行ないません)
・基本的なPCスキルがある(メールやOffice操作などを問題なくこなせる)

こんな方に向いています

・日頃から様々なメディアに触れている方
・好奇心旺盛で、気になることをすぐ調べてしまう方
・夢中になっているものがある、オタクな方
・物事を客観的に捉えられる方
・QuizKnockで成長したい、成長するために努力したいと思っている方
【特に歓迎】
・特定のジャンルに強い方
(美術、物理、数学、人文学、日本史、ゲーム、流行り物など)

先輩ライターより
「QuizKnockライターになってよかったこと」

QuizKnockのライターになってよかったことは、自分の専門分野について、詳しくない人にもわかりやすく説明するスキルが身についたことです。
知識というものは、頭に詰め込んでいるだけでは何の意味もなく、実生活で活用して、もしくは人に説明できて初めて意味をなすものだと思っています。私は普段、病院で医師として働いていますが、医学的知識のない患者さんにもわかりやすく病状を説明する能力が日々求められています。
QuizKnockには様々な分野の専門家が在籍しており、執筆した記事についても「わかりやすかった点」「伝わりづらかった点」を的確にフィードバックしてくれます。編集者とのやり取りを繰り返すうちに、いつしか「分野の違う人にも伝わる文章の書き方」を習得することができました。
K. Mimoriより)

とてもあたたかく「楽しい!」が溢れる環境で仕事ができること!
私はクイズのいろはもわからない初心者でしたが、編集部の方々やライター仲間に支えてもらいました。たくさんアドバイスをくださったり、研修の機会を設けてくださったりしたおかげで、楽しく記事の執筆に励むことができています。QuizKnockのライターになって初めて、クイズを作る楽しさや奥深さ、同時に難しさを知りました。初心者ながら、毎日「どんな問題を作ろうかな?」とワクワクしています。
よくTwitterで記事を読んでくださった方々の感想を拝見しているのですが、記事を通して皆様と会話できているような感覚が味わえることも、楽しさのひとつです。以前、東大王で熨斗の問題が出たようなのですが、「前の記事にあったよね!」と覚えてくださった方がいらっしゃいまして。皆様の記憶に残るような仕事ができていることに、やりがいと楽しさを感じました。
まいちより)

1.自分の「好き」を遠くまで届けることができること。
2.わかりやすく発信するための方法を勉強できること。
自分の「好き」や「気になる」という感情をクイズというフォーマットを通して多くの人と共有できることが、QuizKnockライターの最大かつ根源的な楽しさだと考えています。QuizKnockのメンバーは、それぞれの趣味・興味が非常に多様なので、他の人の記事や視点に刺激を受けることもしばしばです。
もっとも、「好き」を発信するだけならば、個人のSNSやブログでも可能かもしれません。しかし、SNSやブログとQuizKnockライターには明確な違いがあります。それは「発信するための方法を勉強できること」です。QuizKnockで記事を執筆すると、公開までに、複数の人からフィードバックを受けることができます。わかりづらさを浮き彫りにし、わかりやすい記事へと昇華させていくプロセスは、個人での発信では得がたい経験であり、とても魅力的です。
シムラより)

QuizKnockライターという仕事のひとつは、読者の皆さんに「学び」を提供することです。その一方で、記事の執筆を通して私も「学び」を得ることができています。
例えば、記事を書くにあたってクイズや解説記事の題材の情報を調べたり、裏取りをしたりする中で、これまで知らなかったことを知ることができます。また、自分が知っている物事も改めて整理することができます。
記事を執筆した際には公開前に、他の人がチェックしたフィードバックをもらえるので、言葉の使い方や文のつなげ方など、文章を書く際のスキルアップもできます。
また、この仕事を始めてから、様々なことに目を向けられるようになってきました。身近なことに対して「なんで?」「どういうこと?」と疑問を持って接することが増えました。身近なものに対する興味は「学び」の出発点であり、それを得られたこともとても嬉しいです。
(Hirotakaより)

QuizKnockライターになって良かったことは、クイズを作る楽しさを知ることができたことです。
ライターになるまで私はクイズを作るという経験がなかったのですが、いざクイズを作るようになると「この知識、クイズにしたい!」という目線で世の中を見ることが増えました。
例えば、皆さんはGUで買い物をするのに最もいい曜日が何曜日か知っていますか?
答えは月曜日。なぜならオンライン・店舗にかかわらず新作の入荷日が月曜日になっているからです。
勉強は退屈なものだと思われがちですが、クイズという出題方式を活用し、その出題の仕方を工夫すれば、どこまでも面白くなるものだと思っています。
みなさんが持っている面白い知識を、QuizKnockの記事という形で知ることが今から楽しみです。みなさんの「クイズにしたい!」という気持ちをお待ちしています!
(ノブより)

雇用条件

雇用形態:業務委託(試用期間あり)
給与:歩合制(1記事4,500円〜)※昇給あり
休日休暇:長期休暇取得応相談
勤務地:原則として自宅等でのリモート
※Web記事執筆以外の業務の際、都内オフィスへの出勤をお願いする可能性があります。

採用スケジュール

①書類選考 【※募集終了】

 ※いただいた個人情報はQuizKnockにて厳重に管理し、採用活動以外の目的では使用いたしません。
 通過した方のみに3月1日(月)までにメールで次回選考課題をお送りします。


②課題選考
【〆切 2021年3月10日(水)中】

 選考課題(記事の執筆)をご提出ください。
 通過した方のみに3月17日(水)までにメールで面接のご連絡をいたします。

③最終選考 
【期間 3月中旬】

 面接を行ないます。
 採用が内定した方には3月下旬までにメールにてご連絡をいたします。

この記事を書いた人

QuizKnock編集部

身の回りの気になることをクイズでお伝えいたします。

QuizKnock編集部の記事一覧へ