「首相と大統領ってどっちが偉いの?」

小学生の頃に誰もが抱いて、そして大人になっても正直よく分からない、そんな問題だと思います。大統領の方が偉い場合もあれば、首相の方が偉い場合もあって、何が何だかごっちゃになります。

また、中高時代に授業で「元首」と「行政府の長」という言葉を聞いたと思います。簡単に言うと、元首が「他の国に対して国を代表する人」、行政府の長が「国の政治のトップ」です。しかし、これのどちらが大統領で、どちらが首相にあたるか、よく分からない。

今回は、そんな疑問にお答えするために、様々な具体例で大統領と首相という役職の関係性を考えていきたいと思います。ぜひ挑戦してみてください!

解説は次のページです。

1

この記事を書いた人

大窪 有太

東京大学文科三類の2年の大窪と申します。歴史を中心とした文系学問全体からスポーツやサブカルチャーまで、幅広い事象に興味を持っています。皆様の記憶に沈殿する刺激的かつ奥深い記事をお届けできたらと思います。東大クイズ研究会所属。

大窪 有太の記事一覧へ

連載企画